日産がマイナーチェンジしたコンパクトSUV「キックス」を発売。第2世代e-POWERを搭載するとともに4WDモデルを追加。さらに新グレードを設定しています。

新グレード「スタイルエディション」を設定

 日産は2022年7月19日、コンパクトSUV「キックス」のマイナーチェンジを発表し、同日に発売しました。

 今回のマイナーチェンジでは、第2世代「e-POWER」を搭載するとともに、4WDモデルを追加。さらに新グレード「スタイルエディション」を設定しています。それぞれどのように進化したのでしょうか。

 キックスは、タイの日産工場で生産されており、国内のみならず海外へも輸出されるグローバルモデルです。

 今回のマイナーチェンジでは、モーター出力を約5%、最大トルクを約7%向上させた第第2世代の「e-POWER」を搭載。走りがよりパワフルになるとともに、低速走行時のエンジン始動頻度を低減させたことで静粛性も向上しています。

 また、アクセル操作だけで加減速をコントロールできる「e-Pedal Step」の操作性もさらに滑らかに進化。加えて燃費も、WLTCモードで23.0km/Lと、約6.4%向上しています。

 そして今回、2WDに加え、電動4輪駆動システム「e-POWER 4WD」モデルが加わりました。

 4輪の駆動力を電気で緻密に制御することで、悪路や雪道の走破性に力を発揮するとともに、ワインディングロードでは思いのままのコーナリングを可能とし、市街地での乗り心地も向上させるといいます。

 安全装備は、2WD・4WDモデルとも「インテリジェント アラウンドビューモニター」や「インテリジェント ルームミラー」などを上位グレードに標準装備。

 また、コンパクトSUVで初という「インテリジェントFCW(前方衝突予測警報)」を全グレードに標準装備としています。これは車両前方に搭載したミリ波レーダーが、2台前を走る車両の車間や相対速度を検知し、危険と判断した場合に表示とアラームで注意を促すというものです。

 内装は、センターコンソールとシフトレバーのデザインを一新し、先進的で質の高い内装を実現。また、ツートーンインテリアエディションには、現行のオレンジタンに加え、新たにベージュを追加しました。

 今回設定した新グレードの「スタイルエディション」は、落ち着きのある深いブラウンを基調とする内装、ダーククローム調のグリルフィニッシャーなど、内外装ともにシックな装いとなっています。

 価格(消費税込)は、2WDモデルが279万8400円から301万8400円、4WDモデルが306万1300円から328万1300円です。

※ ※ ※

 AUTECHモデルは、これらの仕様変更に加え、さらに新デザインのLEDリヤコンビネーションランプ、バックドアフィニッシャーを採用しています。

 ボディカラーは「ダークブルー」に「ピュアブラック」のルーフを組み合わせた2トーンカラーをAUTECH専用カラーとして設定しています。

 価格(消費税込)は、2WDモデルが318万5600円、4WDモデルが344万8500円です。