ダイハツは2021年12月20日、軽商用バンの新型「アトレー」「ハイゼットカーゴ」を発表しました。新型では個人ユーザーの需要にも着目。車中泊ユーザーの需要にも応えたことでも話題を呼んでいます。

荷室長は大人2名の車中泊も可能な最大1.8メートル超え!

 2021年12月20日、ダイハツは軽商用バン「アトレー」を17年ぶりにフルモデルチェンジしました。
 
 新型は車体形状をスクエア化し床面もフラット化することで、荷室の効率を大幅に向上させました。小口配送業などの商業用途のみならず、個人ユーザーの間で高まる新たな需要にも対応したといいます。

 新型「アトレー」は、フルモデルチェンジに際し、ダイハツの最新設計思想「DNGA(Daihatsu New Global Architecture)」を採り入れ、新開発プラットフォームやCVTを軽商用車で初搭載しました。

 さらにダイハツの予防安全機能「スマートアシスト」も搭載し、走行性能や安全性、燃費、静粛性といった基本性能を大幅に向上させています。

 ちなみに先代までのアトレーは5ナンバーの乗用ワゴン車でしたが、新型では4ナンバー(商用車)化。乗用車同等の快適・先進装備とともに、積載性も最大限に拡大し、個人ユーザーの間で拡大傾向を見せているレジャー需要に応えています。

 新型アトレーがレジャー需要に応えたといっても、単に荷物を積める量を増やしただけではありません。荷室のアレンジについてもさまざまな工夫が凝らされています。

 後席シートは水平格納式。フラットな荷室面を生み出すとともに2名乗車時の荷室長も最大1820mm、荷室の最大積載量は1275リットルを確保しました。

 荷室床面は「イージーケアマット」を採用し、レジャー道具などの汚れた荷物を積んでも掃除がしやすいよう配慮されています。

 荷室側面には荷物や棚の取り付けを想定した荷室ナット「ユースフルナット」とマルチフックを用意。純正アクセサリーにも、ユースフルナットを活用したマルチレールやサイドバー、ネットラックなど多彩に設定されています。

 これらを活用し釣り具のロッド(釣り竿)を頭上にセットしたりすることもできます。

※ ※ ※

 新型アトレーは、年々注目度が上がっている車中泊の需要にも対応しています。

 前述の通り、後席を倒した際の荷室長は1.8メートルを超えているので、新型アトレーは大人でも十分に就寝可能なスペースを確保しています。

 そのまま就寝してももちろんOKですが、荷物を積んでいる場合は前席に積み替えたり、場合によっては車外に置かないとスペースを確保できない場合も。

 そんなときに役立つ純正アクセサリーもダイハツでは用意しています。その名は「収納式デッキボードセット」です。

 4名乗車時は上下2段式の棚として活用し、2名乗車時には展開することで、長さ約1750mm×幅1100mmの広大な「寝床」として活用できます。

 最大荷重は200kg対応なので、身長170cm台までの人なら大人2名が就寝できます。

 さらにボード下にも高さ約440mmの空間が確保されるので、荷物を下に置いたまま移動することなく就寝することも可能としています。この便利さは、車中泊経験者ならずとも実感できることでしょう。

 また車中泊時に遮光し車内のプライバシーを確保する「カーテン」や「フロントプライバシーシェード」なども設定されています。フロントプライバシーシェードは網戸付きなので、夏場の換気にも役立ちます。

 こうした新型アトレーのさまざまな工夫により、週末のレジャーやワーケーションといった需要に応えているのです。