世界的なオークションの「バレットジャクソン」にトヨタ「ランドクルーザー(1983年式/60系)」が出品され、1000万円近い金額で落札されました。どのようなクルマなのでしょうか

エンジンもミッションも内装も換装!完璧な「現代化」が施されたクラシック「ランドクルーザー」

 アメリカでおこなわれる世界的なオークションの「バレットジャクソン」では、カスタムカーや量産第1号車、劇用車などのさまざまなコレクターズカーが出品されています。
 
 2022年6月にラスベガスで開催されたオークションでは、トヨタ「ランドクルーザー(1983年式/60系)」が出品され、1000万円近い価格で落札されました。

 60系ランドクルーザーは、1980年8月に発売されたランドクルーザー5代目のモデル。

 55系の後継モデルで外観を一新し、ガソリンエンジンは排気量を4.2リッター直列6気筒エンジンの2F型(最高出力140馬力)と、新たに3.4リッター直列4気筒ディーゼルエンジン(最高出力98馬力)を設定していました。

 フロントシートをベンチタイプからセパレートタイプに変更し、乗車定員は従来の6名から5名となりました。エアコンやパワーステアリング、ファブリックシートなども用意されていました。

 発売から2年後には、6気筒3,980ccの2H型ディーゼルを追加。後期にはターボやEFIなどのハイパワーエンジン搭載モデルも追加され、オートマチックトランスミッション、デフロックなどの機能も次々に設定されました。

 今回出品された60系ランドクルーザーは、コルベットC6に搭載されていたGM(ゼネラル・モーターズ)製6.2リッターLS3エンジンにNV4500 5速マニュアル・トランスミッションを組み合わせたドライブトレインに換装され、最高出力420馬力を発揮するレストモッドモデル。

 80系ランドクルーザーのフロントサスペンション、フロントアクスルとコイルスプリング、コイルブラケット、ブレーキライン、パンハード、TDコイルとショック、アライメントに交換されています。

 前後とも4インチリフトアップキットが装着され、リアにはリーフスプリングを追加して重量増に対応しています。

 エクステリアでは、ボディはクイックサンドベージュに全塗装されているほか、サイドミラーやウィンチ、バハライト、ルーフラックライトバー、リアの小型ライト、グッドリッチ製オールテレーンT/Aタイヤなどさまざまなカスタマイズが施されています。

 インテリアには、内装のパネルやフロアカーペットの張り替えがおこなわれ、フロアボードに消音材を塗布しています。

 シートはブラックレザーシートに交換されていて、パワーウインドウ、SPODシステム、トグルスイッチコントローラーなどを収納するトップパネルを追加したセンターコンソールも装備しています。

 リアには冷蔵庫と2バーナーのコンロを備えていて、どちらもスライドして収納されるようにするようになっています。

※  ※  ※

 今回、出品されたモデルはエンジンやミッション、内外装などあらゆるポイントで、完璧なレストモッドがおこなわれており、7万1500ドル(日本円換算で約980万円)で落札されました。