埼玉県三郷市と千葉県流山市を分ける江戸川で、三郷流山橋有料道路の建設が進んでいます。常磐道のスマートICとも連絡します。

 埼玉と千葉の県境となっている江戸川で、新たな道路橋「三郷流山橋有料道路」の建設が進んでいます。

 埼玉県三郷市と千葉県流山市の間には江戸川が流れていますが、両市の間に架かる道路橋は流山橋のみ。加えて迂回するにしても上流の一般道は約8.5km先の玉葉橋、下流は約5.8km先の上葛飾橋で離れているため、交通が集中し流山橋は慢性的に渋滞しています。

 また、橋の周辺では、東京都心と千葉・茨城を結ぶ鉄道路線「つくばエクスプレス」(2005年開業)の沿線開発が進み都市化が進展。ららぽーと新三郷などの大型商業施設をはじめ、物流・産業施設の集積も進んでおり、交通需要は増加が続いているといいます。

 三郷流山橋有料道路は、そのような三郷市と流山市を結ぶ新たな道路橋です。埼玉県道路公社を主体として、千葉県と埼玉県の3者が共同で事業を進めています。

 道路自体の長さ(事業区間)は1960mで、そのうち渡河部は450mです。料金所は三郷市側に設置されます。4車線のうち、まず暫定2車線として整備されます。

 通行料は、普通車150円、中型車200円、大型車260円、特大車410円、軽自動車(バイク含む)100円、軽車両(自転車・原動機付自転車)20円です。1日あたり1万2700台の交通量を見込みます。

 三郷流山橋有料道路は2023年春に開通する予定です。埼玉県道路公社の資料によると、流山おおたかの森駅周辺から新三郷駅周辺までの移動が現在の30分から開通後は20分に短縮するといいます。

 なお、三郷流山橋有料道路は、つくばエクスプレス沿いに外環道とつくば市を結ぶ全長約30kmの広域幹線道路「都市軸道路」の一部として計画されています。三郷市側では、この都市軸道路は常磐道の三郷料金所スマートICに接続する計画です。