2022年7月13日、スズキはコンパクトSUV「XBEE(クロスビー)」を仕様変更し8月10日より発売します。

スズキ「クロスビー」がフロントフェイスをイメージチェンジ!

 スズキは2022年7月13日、コンパクトSUV「XBEE(クロスビー)」のデザインなどを一部仕様変更(一部改良)し、8月10日より発売すると発表しました。

 新型クロスビーの一部改良では、フロントグリルとアルミホイールを変更しています。

 フロントグリルはメッキ加飾を施した横基調の新デザイン形状とし、イメージを新たにしました。

 また16インチアルミホイールも、新デザインの切削仕上げとしています。

 フロントドアにプレミアムUV&IRカットガラスやIRカット機能付フロントガラスを追加し、快適性を向上させたほか、インパネ中央部にUSB電源ソケット(Type-A 1個、Type-C 1個)を追加しました。

 新型クロスビーのボディカラーには「メロウディープレッドパール」と「ミネラルグレーメタリック」、ルーフ色に「メロウディープレッド」と「ミネラルグレー」などを採用するなど、ルーフやサイドカラーパネル、車体色の組み合わせを全13パターン設定。

 内装には、ラックススェード&ブラウンレザー調のシート表皮、ブラウンメタリックのインパネカラーパネルとドアトリムカラーパネル、ブラックレザー調のドアトリムクロス(フロントドア)を採用した「ブラウンアクセントパッケージ」をメーカーオプションとして設定しました。

 あわせてシートカラーアクセント、シートパイピングの色には「レディッシュブラウン」を採用しています。

 新型クロスビーの車両価格(消費税込み)は「HYBRID MX」(2WD)184万300円から、「HYBRID MZ」(4WD)224万5100円まで。全車が1リッター DOHC VVT直噴ターボエンジンとマイルドハイブリッドを搭載します。