トヨタが新型「クラウン」のワールドプレミアを当日、インターネットでライブ中継します。豊田章男社長らが登壇する予定です。

15日に新型「クラウン」ワールドプレミア

 トヨタは2022年7月13日、16代目となる新型「クラウン」のワールドプレミア(世界初公開)を15日13時半から実施すると発表しました。

 時間は15時まで。公開の様子は同社のウェブサイトや公式YouTubeチャンネルで中継されます。また、終了後はオンデマンド配信も予定されています。

 登壇者は、豊田章男社長、Mid-size Vehicle Company Presidentの中嶋裕樹氏、クルマ開発センターデザイン領域統括部長のサイモン・ハンフリーズ(Simon Humphries)氏です。

 新型クラウンをめぐっては8日に特設サイトで新たな「王冠」エンブレムや、「いつかはクラウン?」「SEDAN? SUV?」「終わりかはじまりか」「新しいクラウン、はじまる」といったフレーズが登場。

 さらに11日には同サイトで、新型クラウンのフロント部分の画像が公開され、ブロンズのボディカラーに薄型のヘッドライトやブラックのドアミラ―を装着している様子がうかがえます。