ホンダのSUV「CR-V」が米国でフルモデルチェンジしました。新旧の内外装デザインについて比較してみます。

力強い顔とシンプルなフォルムが印象的な新型と、前傾姿勢でアグレッシブな現行型

 ホンダの米国法人は2022年7月13日、6代目となる新型「CR-V」の内外装デザインを正式に公開しました。
 
 現行型の5代目CR-Vからどのように進化したのか、新旧CR-Vの内外装を改めて比べてみました。

 5月24日には、先行してヘッドライトやフロントグリル、リアコンビランプの一部などが公開されていた新型CR-Vですが、今回ようやくその全貌が明らかになりました。

 まずはフロントデザインですが、グリルの形状を中心に比較してみましょう。

 新型では大型化された六角形のフロントグリルが目をひきます。ブラックのハニカム形状に加えバンパー下部の造形も力強く、個々のデザインはシンプルながらも、全体として独自の存在感を放っているのが特徴です。

 新旧で比べてみると、現行型も六角形グリルですが、グリル単独で強い主張する新型とは異なり、やや前傾姿勢の全体フォルムにマッチさせた、スマートなデザインといえそうです。

 ボディサイドも見てみましょう。

 新型CR-Vはボディサイドのショルダーラインが水平基調なため、比較的シンプルに見えます。窓の配置もすっきりとした形状です。

 対する現行型は、前述の通りやや前下がりのウェッジシェイプで、窓の天地もやや狭いため、相対的にボディ下部の面やリアフェンダーの張り出しが強調されたアグレッシブなデザインに映ります。

 比べてみると、新型CR-Vはややコンサバな路線ですが、ユーティリティの高さを見た目にも実感させることを強調したともいえます。つまり実用性を重んじるファミリー層からの支持も意識しているものとみられます。

 これはCR-Vの下に、新たなSUVラインナップとして2022年中に新型モデル「HR-V」が投入されることとも関係していると推察されます。

 現行型CR-Vのアグレッシブなデザイン路線は、新型HR-Vへと継承されているといえるかもしれません。

 リアまわりもボディサイド同様の印象ですが、L型形状のリアコンビランプとすることで「CR-V」らしさを新旧で継承していることがわかります。

シンプルな新型と重厚な現行型! 内装デザインも対照的な新旧の「CR-V」

 新旧CR-Vの内装も見比べてみましょう。

 インパネまわりのデザインも、外観の印象との共通性を感じさせます。

 新型CR-Vでは、新型シビックやステップワゴン、ヴェゼルなどここ数年で相次いで登場したホンダの新型車とも共通する水平基調のインパネデザインを採用しています。

 7インチの液晶メーターや最大9インチのタッチスクリーン式センターディスプレイを中心にして、シンプルに構成されています。

 ハニカムメッシュのアクセントに代表される精緻なディテール処理や、内装トリムの素材なども吟味されており、見るからに上質な印象となっています。

 対する現行型CR-Vのインパネまわりを見てみると、重厚な形状に圧倒されるほど。これはこれで高級感があります。

 ただしモニター画面のサイズはやや小ぶりで、近年の大画面モニターを見慣れた目には少し古く見えてしまうのも事実です。

 シートの形状は、新旧モデルともに重厚で大ぶりなサイズにみえます。ただし新型CR-Vの内装についてはまだ詳細な画像が公開されておらず、ディテール部の比較はできません。

 ただ外観での印象通り、後席などの空間は拡大しているものとみられます。

※ ※ ※

 新型CR-Vのボディサイズは、全長184.8インチ(約4694mm)、全幅73.4インチ(約1864mm)、全高66.6インチ(約1692mm)、ホイールベース106.3インチ(約2700mm)です。

 対する現行型CR-V(AWD・北米仕様)のボディサイズは、全長182.1インチ(約4625mm)、全幅73.0インチ(約1854mm)、全高66.5インチ(約1689mm)、ホイールベース104.7インチ(約2659mm)。

 新型は全体に少しずつ拡大していますが、極端に大きな違いは見られません。

 なお2リッター直列4気筒 2モーター式ハイブリッド「e:HEV」と、1.5リッター直列4気筒ターボというパワートレインの構成は新旧で共通しますが、ハイブリッド、ターボともに性能を向上させています。