「この夏、家族旅行で乗りたい国産車」のアンケート調査で、トヨタ「アルファード」が圧倒的に人気でした。なぜアルファードが選ばれたのでしょうか。

アルファードしか勝たん!

 日本トレンドリサーチはグーネット中古車と共同で、「この夏、家族旅行で乗りたい国産車」についてアンケートを実施(男女600名を対象)。家族旅行で乗りたい国産車ランキングを発表しました。

 このアンケートでは、30代以下の男女、40代の男女、50代の男女、60代の男女のどの世代でも1位を獲得したのはトヨタ「アルファード」でした。

 家族で乗りたいクルマとしてアルファードを選んだ理由は次のようです。

 ・大きく乗り心地が良いから(20代・男性)
 ・大きくて、かっこよくてあこがれるので。(30代・女性)
 ・車内が広いから。長旅だと疲れないから。(40代・男性)
 ・犬も連れて広々、オシャレなクルマでドライブしたいから。(40代・女性)
 ・家族全員がゆったりと乗れて、乗り心地もよさそう。(50代・男性)
 ・ファミリー向けで、高級感がある点が魅力的(50代・女性)
 ・広々していて安全性が高いので(60代・男性)

「大きい」「広い」「ゆったり乗れる」「高級感がある」など、アルファードは世代や性別を問わず圧倒的な人気があることがわかります。

 アルファードはラージサイズの高級ミニバンですが、日本自動車販売協会連合会が発表する月間登録台数ランキングでも常にミニバン上位に位置づけており、「いつかはアルファード」といわれるほど憧れのクルマになっています。

 家族旅行で乗りたいクルマという観点では、多人数乗車することから車内が広いクルマが求められており、なおかつ高級感のある内外装を持つアルファードがピッタリのようです。

 なお、2位以下のランキングは次のようでした。

 30代以下の男女:2位 日産「セレナ」、3位 トヨタ「プリウス」
 40代の男女:同率2位 トヨタ「プリウス」、トヨタ「ヴォクシー」
 50代の男女:2位 トヨタ「プリウス」、3位 トヨタ「ランドクルーザー」
 60代の男女:2位 トヨタ「ハリアー」、3位 トヨタ「プリウス」

 世代によって選ばれるクルマが入れ替わるものの、プリウスは全世代で3位以内にランクインしていることがわかります。

「エコで環境に良い」「静かな運転で楽しめそうだから」「燃費が良いから」などが、プリウスを選んだ理由として挙げられていました。