2022年秋にマイナーチェンジを予告しているホンダ「N-WGN」ですが、どのような姿で登場するのでしょうか。「N-WGN カスタム」は大きく顔つきが変わるようです。

ダーククロームメッキで顔つき精悍に!

 ホンダは、2022年秋に軽ハイトワゴン「N-WGN」のマイナーチェンジを実施。正式発表に先駆けて、一部情報を公式ウェブサイトで先行公開しました。

 現行(2代目)N-WGNとして初のマイナーチェンジとなりますが、どのような姿で登場するのでしょうか。

 今回の改良に際して、とくにカスタム系(エアロ系)モデルの「N-WGN カスタム」の外観が大きく進化するといいます。

 フロントグリルには、さらなる力強さ・ハイパフォーマンスさを感じさせるダーククロームメッキ仕上げのハニカムグリルを採用。

 ダーククロームメッキ仕上げのパーツはアウタードアハンドルやフォグランプガーニッシュ、リアの車種名エンブレムなども展開され、ボディ全体で引き締まった雰囲気を演出します。

 シャークフィンアンテナや15インチアルミホイールはブラック塗装でまとめられています。

 内装は、フルプライムスムースシートや本革シフトノブの採用で上質な仕上がりです。

 より迫力を増したN-WGN カスタムだけでなく、ホンダはマイナーチェンジしたN-WGNに向けて新ブランド「Nスタイル+」の特別仕様車の設定も予告。

 2022年秋の正式発表時には、幅広いラインナップで登場することが予想され、進化したN-WGNに期待が高まります。

 それではここでクイズです。

 N-WGNは、軽自動車のなかで「ハイトワゴン」(またはトールワゴン)と呼ばれるカテゴリに属する車種です。

 では、次の車種のなかで同じカテゴリに入る軽自動車はどれでしょうか。

【1】スズキ「スペーシア」

【2】ダイハツ「タント」

【3】日産「デイズ」

※ ※ ※

 正解は【3】の「デイズ」です。

 N-WGNとデイズはともに全高1700mm以下かつ後席ヒンジドアのハイトワゴンと呼ばれるカテゴリに入ります。

 ちなみに「スペーシア」「タント」は、全高1700mm以上・後席スライドドアのボディを採用する「スーパーハイトワゴン」(スーパートールワゴン)というカテゴリ。ホンダはこの分野で「N-BOX」をラインナップしています。

※クイズの出典元:くるまマイスター検定