2022年7月14日にホンダは、2022年秋に発売を予定している新型SUV「ZR-V」をホームページで先行公開しました。海外で発表されている新型「HR-V」のデザインとはどう違うのでしょうか。

グリルが全然違う! ホンダ「新型SUV」は日米でどう違う?

 ホンダは、北米・中国で新型「HR-V」というモデルを発表していますが、日本版としては新型「ZR-V」として2022年秋の発売を控えています。
 
 両車は11代目「シビック」をベースにしたSUVとなりますが、どのような部分が異なるのでしょうか。

 北米で2代目となる新型HR-Vは、存在感のあるグリルとシャープなヘッドライトが特徴的なフロントビューが、伸びやかにリアに繋がるプロポーションを持ち、上質かつ洗練されたデザインを表現。

 フロントは、フロントは、グリルの両脇にエアカーテンインテールを配置し、ワイルド感を演出するとともに、バンパーからフロントホイール周辺に空気を送り込んで、空力効率を向上させる機能も持たせました。

 また、レーザーブレージング技術によってルーフモールが不要になったり、ワイパーがボンネットのラインの下に隠れるようになるなど、よりスッキリとした高級感のあるエクステリアを実現。

 リアは、彫りの深いハッチと標準装備のテールゲートスポイラーが新型HR-Vのスポーティなプロポーションを強調したほか、テールライトの外縁は空力特性を向上させる形状になっています。

 また、伸びやかなボンネットからリアフェンダーのうねりを超えて続く水平方向の低いベルトラインは、流れるようなフォルムに躍動感を演出しました。

 一方で新型HR-Vの日本版として登場する新型ZR-Vは「グラマラス&エレガント」をキーワードに美しく洗練されたデザインや、意のままに操ることを目指したダイナミクス性能など、ドライバーに自信と余裕をもたらすクルマです。

 デザインでは、都会にも似合うスマートでエレガントな演出を施しており、エクステリアはフロントからリアにかけボリューム豊かで滑らかな面をもつ流麗なプロポーションを特徴とします。

 フロントは、周囲の形状と連続性を持たせたバーチカル(垂直)グリルと、横長でシャープなヘッドライトにより、上質でありながら凛々しく存在感のある表情を作り出しました。

 リアは、ボディの下まわりにボリュームを持たせつつ、上に向かってなめらかに絞り込むことでワイドトレッドを強調した造形としています。

 ホンダの販売店では新型ZR-Vに対して、次のように話しています。

「当初海外の新型HR-Vのデザインが日本に入ってくるのではないか、といわれていました。その際は『ホンダらしくないデザインだね』と良くも悪くも話題となったのを記憶しています。

 7月14日に新型ZR-Vのデザインが公開され、海外のハニカムグリルから縦グリルになったことで印象が大きく変わりました。

 その写真を見たお客さまからは『このデザインは良いので、欲しい』というお問合せを頂いています」

※ ※ ※

 また、パワートレインや装備などは新型HR-Vと新型ZR-Vでは仕向地によって異なります。

 ホンダのSUVラインナップに追加される新型ZR-V。「ヴェゼル」よりひと回り大きなSUVがどのようなカタチで登場し、ユーザーからどのような反響が出てくるのか、追加情報が楽しみです。