トヨタは同社を代表するセダンの新型「クラウン」を2022年7月15日に世界初公開しました。これまで「セダン廃止、SUV化」という噂があったクラウンは、16代目でどのような変化を遂げたのでしょうか。

新型クラウンのコンセプトは「トヨタブランドのフラッグシップ」 16代目は徳川15代超え「明治維新」で新世代へ

 2022年7月15日、トヨタは16代目となる新型「クラウン」を世界初公開しました。
 
 初代発売から67年目となる2022年に登場する新型クラウンは、かねてから噂されているSUVを含む4スタイルで構成される「クラウンシリーズ」としてグローバルモデルとなります。
 
 そうしたなかで、第一弾として2022年秋に登場する新型「クラウン クロスオーバー」とはどのようなモデルなのでしょうか。 

 初代クラウンは、トヨタの2代目社長・豊田喜一郎氏が掲げた「日本人の手で国産車を作る」という夢を追うべく、「日本の道路を走っても、乗り心地のいいクルマを開発する」というコンセプトで開発され、1955年1月に発売されました。

 その後、今でも語り継がれる「いつかはクラウン」のキャッチコピーが与えられた7代目クラウン以降は日本における「ステータスシンボル」になっていくほか、常に時代に合わせた進化を遂げてきました。

 しかし、トヨタ「セルシオ」の登場や高級セダンに立ち位置の変化、そして海外ブランドの進出などによりクラウンの存在感が薄れつつあったのです。

 そうしたなかで、16代目となる新型クラウンは豊田章男社長の「こんな形でクラウンを終わらせてはいけない」という決意により、開発が始まったといいます。

 16代目クラウンでは4つのボディタイプを用意し、それぞれ「クロスオーバー」、「スポーツ」、「セダン」、「エステート」とサブネームがつきますが、車名はすべて「クラウン」に統一されて順次登場していく予定です。

 豊田章男社長は新型クラウンについて「この4つすべてが私たちの提案する『新しいクラウン』です。『セダンが廃止され、SUVになる』など新型クラウンをめぐっては、色々な噂が出回っておりました。それだけ注目していただけるのも『クラウンだから』です」とコメントしています。

 そうしたなかで最初に登場するのはセダンとSUVを融合させたクロスオーバーです。

 ボディサイズは全長4930mm×全幅1840mm×全高1540mm、ホイールベース2850mm。そのシルエットは従来のセダンでもSUVでもない新時代クラウンとなるモデルで、大径タイヤを装着する「リフトアップスタイル」となります。

 エクステリアは、「威圧」「圧倒」といった「高級」の概念を再定義する飾り立てないシンプルなデザインです。

 フロントフェイスは要素を削ぎ落とすことで鋭さとワイドさを表現する「ハンマーヘッドフェイス」を採用。ハの字グリルが力強いスタンスと低重心化の印象を付与。

 またクラウン伝統の「王冠マーク」は威厳のシンボルから新時代にふさわしいスマートなシンボルに変貌を遂げました。

 リアでは、薄型の横一文字リアランプを配置することでシンプルながら強い印象を与えています。

 インテリアは、全席を特等席とするデザインとし、車室内の背景と機能を明確に分けた新しい「アイランドアーキテクチャー」を採用。これは、開放感のある前席や移動そのものを楽しむゆとりのある後席となっています。

 また、さまざまな機能を搭載する12.3インチHDディスプレイオーディオのほか、近年ニーズが高まるドライブレコーダーをトヨタ初採用します。これは、車載カメラを有効活用したもので、後付けの市販品では実現し得ないフィッティングのよさが特徴です。

新時代クラウンは「走り」も進化! そして価格は?

 15代目クラウンでは、ドイツのニュルブルクリンクで鍛え上げた「走り」が特徴のひとつでした。

 そうしたなかで16代目クラウンでも「走り」を進化させており、パワートレインは「2.4リッターターボハイブリッド」と「2.5リッターハイブリッド」となり、全車には進化した「E-Four(電気式4WD)」を設定。

「2.4リッターターボハイブリッド」はトヨタ初のハイブリッドシステムとなり、大出力の水冷モーターを後輪に搭載したeAXleを組み合わせWLTCモード燃費は15.7km/Lです。

「2.5リッターハイブリッド」はこれまでのトヨタハイブリッドシステムを進化させたもので、新バッテリーやシフトバイワイヤなどを搭載し、WLTCモード燃費は22.4km/Lとなります。

 またフロント・リアサスペンションや車速に応じてリアタイヤを操舵出来る「DRS」をトヨタ初採用するなどトヨタのフラッグシップの走りを継承しています。

 新型クラウンとして最初に登場するクロスオーバーの価格は435万円から640万円となり、2022年秋頃に発売を予定しています。

 クラウンシリーズは、これまでの「カローラシリーズ」「ヤリスシリーズ」と共に多様化するニーズに答える群戦略を展開します。

 日本の歴史でいえば、徳川幕府の江戸時代は15代で幕を閉じましたが、新たに16代目として登場する新型クラウンは、自動車業界の革命となる「明治維新」といえるかもしれません。

※ ※ ※

 【新型クラウン クロスオーバー 車両概要】

 ・ボディサイズ:全長4930mm×全幅1840mm×全高1540mm
 ・室内寸法:室内長1970mm×室内幅1540mm×室内高1170mm
 ・ホイールベース:2850mm
 ・最小回転半径:5.4m
 ・パワートレイン:
  2.4リッター直列4気筒ターボ(272PS)+前モーター(82.9PS)+後モーター(79.2PS)+ Direct Shift 6AT + E-Four Advanced
  2.5リッター直列4気筒(186PS)+前モーター(119.7PS)+後モーター(54.4PS)+ 電気式無段変速機 + E-Four