トヨタは16代目となる新型「クラウン」を世界初公開しました。歴史あるモデルが新しく生まれ変わるとして、多くのユーザーから注目されていた新型クラウン。いよいよ登場した新型に、販売店ではどのような反響があるのでしょうか。

トヨタ新型「クラウン」が世界初公開!今までのクラウンの常識を覆す?

 2022年7月15日に、トヨタは新型「クラウン」を世界初公開しました。
 
 多くのユーザーから注目されていた新型クラウンに、販売店ではどのような反響があるのでしょうか。

 クラウンは、1955年に誕生してから現在に至るまで、約67年にわたって多くのユーザーに愛されている日本を代表するモデルです。

 そんな歴史あるモデルが新しく生まれ変わるとして、多くのユーザーから注目されていた新型クラウン。その開発にあたり、開発チームは「クラウンとは何か」を徹底的に見つめ直し、「これからの時代のクラウンらしさ」を追求したといいます。

 その結果、今回の新型クラウンでは、セダンとSUVを融合させた新しいスタイルの「クロスオーバー」に加え、スポーティーな走りを楽しむことができる「スポーツ」。

 フォーマルな表現とともにショーファーニーズにも応える「セダン」、さらに余裕のある走りをもつ機能的なSUV「エステート」の4タイプがラインナップされ、これまでのクラウンのイメージや固定観念を大きく覆すような、デザインとなっています。

 今回は第1弾としてクロスオーバーが2022年秋頃に発売されます。
 
 クロスオーバーのパワートレインは、「2.4リッターデュアルブーストハイブリッドシステム」と「2.5リッターシリーズパラレルハイブリッドシステム」となり、全車に「E-Four/E-Four Advanced」を搭載。

 2.4リッターデュアルブーストハイブリッドシステムは、低回転から力強いトルクを生み出す直列4気筒ターボエンジンと、高い駆動力を発揮する最新の電動パワートレイン「eAxle」、さらに新開発のバイポーラ型ニッケル水素電池を組み合わせた、気持ちのいいドライビングフィールを体感することのできるエンジンとなっています。

 一方で、2.5Lリッターリーズパラレルハイブリッドシステムは、クロスオーバーに最適化したハイブリッドシステムに、新開発のバイポーラ型ニッケル水素電池を搭載した、クラウンならではの上質で滑らかな走りをより感じることのできるものとなっています。

 ちなみに気になる価格は、ベースグレードの「X」が435万円、最上級グレード「RS“Advanced”」の640万円となっています。

※ ※ ※

 新型クラウンは、今後グローバルに約40か国・地域に順次展開。

 クロスオーバーは「RS“Advanced”」「RS」「G“Advanced・Leather Package”」「G“Advanced”」「G“Leather Package”」「G」「X」のグレード展開となっており、RS、G“Leather Package”、G、Xは2023年1月以降の生産予定となっています。

気になる新型「クラウン」の販売店での反響は?

 このように、従来のクラウンのイメージをいい意味で覆した今回の新型クラウンですが、販売店ではすでに多くの問い合わせがあり、実際に受注しているケースもあるようです。

 関東のトヨタ販売店担当者は次のように話しています。

「今回の新型クラウンは非常に反響が大きいです。

 新型クラウンを購入されたお客さまのほとんどは、“クラウン”という歴史あるブランド名をいい意味で意識せず、優れた“高級車”として購入している人が多いようです。

 また、現行クラウンよりも購入者の年代が圧倒的に若いように感じます。

 極端な例では、なかには10代のお客さまからも問い合わせがありました。

 従来のクラウンの年齢層やイメージからは想像もつかないようなユーザー層で驚きを隠せません」

 人気のグレードについては前述の担当者は「とくに、G“Advanced・Leather Package”のレザータイプは非常に人気ですね。ボディカラーは、やはりホワイトやブラックといった、比較的落ち着いたカラーを選ばれる人が多いようです」と話します。

 新型クラウンの納期については「生産開始は9月から11月になるとは思いますが、半導体不足などの影響もあり、具体的にいつ生産されるかは正直なところ全く予想がつきません。そのため、お客さまには『納期は少なくとも半年以上』と説明しています」と話します。

 ※ ※ ※

 トヨタによれば「これまでの概念にとらわれない、新たな価値を提供するクルマ」として開発されたという新型クラウンですが、販売店の反響を見る限り、見事にその思惑通りの結果となっていることがわかります。