日産モータースポーツ&カスタマイズは2022年7月20日、フルモデルチェンジした新型「エクストレイル」をベースにしたカスタムカー、エクストレイル「エクストリーマーX」を発表しました。

「エクストリーマーX」は新型エクストレイルの「タフギア」感をさらに強調したカスタムカー

 2022年7月20日、日産の関連会社である日産モータースポーツ&カスタマイズは、同日にフルモデルチェンジした新型「エクストレイル」をベースにしたカスタムカー、エクストレイル「エクストリーマーX」を発表しました。
 
 SUVらしいタフさを強調した外観デザインと、専用デザインの防水シートなどを備えています。

 新型エクストレイルは、今回のフルモデルチェンジで4代目となる本格SUV。初代から受け継がれるDNAである「タフギア」の伝統はそのままに「上質さ」を加えたニューモデルです。

 新型からは通常のガソリンモデルを廃止。全車を第二世代の「e-POWER(イーパワー)」化し、可変圧縮比エンジンの1.5リッター「VCターボ」と組み合わせました。

 また4WDモデルには、新開発の電動駆動4輪制御技術「e-4ORCE(イーフォース)」も搭載されます。

 そんな新型エクストレイルにラインナップされるエクストリーマーXは、2代目エクストレイルから続くカスタムカーシリーズです。

 エクストリーマーXとしては3世代目となる新型では、よりアクティブな個性を表現したいユーザーをターゲットに開発されました。

 ベースは新型エクストレイルの中間グレード「X e-4ORCE」(4WD)。

 外観では「Tough&Rugged」をテーマに、SUVとしての存在感・重厚感をさらに高めたエクステリアデザインとしました。

 具体的には、専用フロントグリル(ダークフィニッシャー)、専用リアアンダープロテクター、専用フロントプロテクター、専用デザイン18インチアルミホイールなど数々の専用パーツでトータルにカスタマイズされています。

 ほかにもLEDフォグランプ、リアLEDフォグランプ、サイドターンランプ付電動格納式リモコンドアミラー(グロスブラック)、専用グロスブラックアウトサイドドアハンドル、専用デザインブラックルーフレールなどが備わります。

 内装では、アウトドアで機能的かつシーンを選ばず使える専用デザインの防水シートを採用するのが大きなポイントです。

 シート素材には、透湿性と防水性を兼ね備えた合成皮革「セルクロス」を採用しています。

 さらにリモコンオートバックドア、運転席・助手席パワーシート、パーソナルドライビングポジションメモリーシステム(運転席)などの上級装備も追加されます。

 エクストレイル エクストリーマーXの消費税込み価格は、2列シート仕様が412万9400円、3列シート仕様が426万300円。

 ボディカラーは「ブリリアントホワイトパール/スーパーブラック」「ステルスグレー/スーパーブラック」の2トーンカラー2パターンのほか「カーディナルレッド」など全7色を設定します。