2022年7月20日、TOYOTA GAZOO Racingはトヨタ「GRスープラ」の一部改良モデルの商談受付を開始したと発表しました。一部改良モデルにはかねてより期待されていたマニュアルトランスミッションモデルも含まれます。また同時に特別仕様車も発表されました。

ついにマニュアルモデル登場!GRスープラ一部改良

 2022年7月20日、TOYOTA GAZOO Racingはトヨタ「GRスープラ」の一部改良モデルの商談受付を開始したと発表しました。また同時に特別仕様車の限定販売も発表しています。

 トヨタ「スープラ」は、1978年の初代誕生以降、直列6気筒エンジンのFR車という特徴を継承し続けています。また過去数々のモータースポーツでも活躍、現在もSUPER GTへ参戦、第3戦終了時点でGT500クラスにおいてドライバーランキング・チームランキングで首位に立っているほか、スープラをベースとしたレース専用車両のGR Supra GT4は、2021年末時点、発売開始から約1年半で累計販売台数50台を達成するなど、公道とサーキットの両方で愛されるモデルです。

 今回の一部改良では、マニュアルトランスミッションを新規設定(RZグレードのみ)しています。シフトノブはどの方向からも握りやすく操作のしやすい球体形状を採用。ノブトップにはGRロゴを配してスポーティなイメージを演出しています。

 またコンピューターがドライバーのクラッチ、シフト操作に合わせて、最適なエンジン回転数になるよう制御するiMTを搭載しており、シフト操作時に自動ブリッピングし、ドライバーの意を汲んだスムーズで気持ちの良いスポーツ走行を実現します。

 さらにマニュアルトランスミッションモデル専用の室内サウンドチューニングにより加速時の盛り上がりを演出します。

 加えて、全グレード共通でシャシー制御系(AVS、EPS、VSC)の見直しやアブソーバーの減衰特性チューニング、およびスタビライザーブッシュの特性変更を施し、ステアリングや足回りを改良しました。これによりハンドリング性能や乗り心地を向上させています。

 エクステリアでは、新意匠の鍛造19インチアルミホイールを採用(RZグレードのみ)。外板色としてRZ、SZ-Rグレードにでボルカニックアッシュグレーメタリックと、ドーンブルーメタリックを新たに設定しました。

 インテリアでは、RZグレードのメーカーオプションとして、タンカラー内装を新たに採用しています。

 また、RZグレード、SZ-RグレードのみJBLプレミアムサウンドシステムのサウンドチューニング最適化により、スピーカーの音質を向上しています。

 価格(消費税込、以下同様)は、RZグレードのマニュアルトランスミッションモデルが731万3000円、RZグレードのオートマチックトランスミッションモデルが731万3000円、SZ-Rグレードが601万3000円、SZグレードが499万5000円です。

※ ※ ※

 一部改良と同時に発表された特別仕様車のRZ“Matte White Edition”は、造形の力強さと、走りのイメージを際立たせる専用外板色「マットアバランチホワイトメタリック」に上質で落ち着いた雰囲気に包む内装色「タン」の組み合わせた、マニュアルトランスミッションモデル。

 特別装備として助手席前の”Matte White Edition” カーボンオーナメントも設定されます。

 価格は、789万円。50台限定で抽選販売され、2022年7月20日から2022年8月21日までWeb限定で受け付けていて、9月より順次商談を開始します。