いすゞ、トヨタ、日野、Commercial Japan Partnership Technologies(CJPT)の4社が、量販燃料電池(FC)小型トラックの規格・開発を進めています。

2023年1月以降に市場導入へ

 いすゞとトヨタ、日野、Commercial Japan Partnership Technologies(CJPT)の4社は2022年7月19日、量販燃料電池(FC)小型トラックを共同で企画・開発し、市場導入と普及に向けて取り組みを推進すると発表しました。

 小型トラックは、スーパーマーケットやコンビニエンスストアの配送などに使われることが多いため、冷蔵・冷凍機能を備え、さらに1日複数回配送する需要があることから、長時間使用と長距離走行、短時間燃料供給などの相反する厳しい使用条件が求められます。

 カーボンニュートラルを目指すうえで4社は、このような使用環境だと走行時のCO2(二酸化炭素)排出がゼロで、エネルギー密度の高い水素を燃料とするFC技術の活用が有効といいます。

 今回、共同で取り組む量販FC小型トラックは、CJPTが企画し、いすゞと日野のトラック技術とトヨタのFC技術を組み合わせて開発が進みます。

 市場導入は2023年1月以降の予定です。福島県と東京都における社会実装プロジェクトの物流現場で実際に使用することになっています。