日産は新型SUV「エクストレイル」を発表ました。これまでのエクストレイルからさらに進化し生まれ変わった新型エクストレイルですが、ユーザーからはどのような声が届いているのでしょうか。

ついに発表!日産新型「エクストレイル」 気になるユーザーの反響は?

 日産は2022年7月20日、新型「エクストレイル」を発表し、7月25日に発売することを明らかにしました。
 
 これまでのエクストレイルからさらに進化し生まれ変わった新型モデルですが、ユーザーからはどのような声が届いているのでしょうか。

 エクストレイルは、昨今のSUV人気の先駆けとして2000年に初登場してから、これまで多くのユーザーから長年愛されてきたモデルです。

 そうしたなかで、4代目となる新型エクストレイルについてSNSでは「新型エクストレイル、高級感マシマシでめちゃくちゃ良い」「新型エクストレイル見たけど、思ったよりめっちゃいいじゃん、欲しい」「今回の新型エクストレイル、売れそう」と、非常に好感を抱いているユーザーが多いようです。

 新型エクストレイルは、初代モデルからの「タフギア」というコンセプトを継承しつつ、新たに「上質さ」をくわえ、伝統と革新を融合させた本格派SUVであると、日産は説明しています。

 グレード展開も豊富で、ほとんどのグレードに2WD/4WD仕様が用意されているほか、グレードによっては3列シート仕様も選択することが可能です。

 グレードについてSNSでは、「新型エクストレイルのAUTECHめっちゃかっこええな」「新型エクストレイル、NISMOあるの熱いな!」「エクストリーマーX、初代伝統のタフギア感が出てる」と、各グレードに対して期待を抱く声が多く挙げられています。

 またSNSでは「e-POWERとe-4ORCEを搭載してる今回の新型エクストレイル、めっちゃ魅力的だな」「パワートレインめちゃくちゃ強い」というような、パワートレインに対する声も多く見られます。

 新型エクストレイルのパワートレインは、高出力モーターを搭載した第2世代「e-POWER」と、日産が世界で初めて量産化に成功した可変圧縮比エンジン「VCターボ」、さらに今回新たに搭載された駆動システム「e-4ORCE」を組み合わせたものとなっています。

「e-4ORCE」とは、日産の電動化技術と4WD制御技術、シャシー制御技術を統合した、電動駆動4輪制御技術となっており、4WDの全グレードに採用されています。

 最高出力は、2WD、4WDともに106kW、最大トルクは、250Nm。燃費は、WLTCモードで18.3km/L?19.7km/Lです。

 エクステリアは初代から受け継ぐタフな力強さに、余裕と上質さを感じられるエッセンスをくわえ、この2つの要素が調和した新しいSUVが表現されたデザインとなっています。

 ヘッドランプは上段にポジションランプとターンランプを、下段にメインランプを配置し、上質感を演出する2段建ての構造を採用。無垢のインナーレンズには、日本の伝統的な切子パターンからインスピレーションを得た、緻密でキラキラと光り輝く加工が施されています。

 エクステリアについてSNSでは、「新型エクストレイル、今までのより少し一回り大きくなってて、どっしりしててかっこいい」「力強い感じが昔のエクストレイルが受け継がれてていい」などと、「悪路さえ悠々と」走行できる印象を与えるデザインに好感を覚えるユーザーがいます。

 その一方で、「上質感がましててかっこいい」「新型エクストレイル、高級感めちゃくちゃある」と、今回の新型エクストレイルの新しさを担っている部分である「上質さ」に対する意見も多く見られます。

 また歴代モデルのイメージから「エクストレイルに上質さなんていらないのでは?」という声も見られます。

 歴史ある車種であるだけに、進化したエクストレイルデザインは、ユーザーによっては好みが大きく分かれるといえそうです。

※ ※ ※

 ちなみに、2WD仕様は2022年秋頃を発売予定としており、価格は、4WDは347万9300円から449万9000円、2WDは319万8800円から429万8800円となっています。

 SNSでは価格に対して「新型エクストレイルやっぱり価格高いなー」「319万円からって、私が先代モデル買った時のコミコミ価格と同じ」「自分が買った初代は200万だったのに倍額か」という声が見蹴られます。

 一方、「新型エクストレイル高いけど、その分インテリアの質感めっちゃ良さげ」「新型エクストレイル、あの特殊なエンジン含めて仕様を考えるとめちゃくちゃ価格抑えてるな…」という意見も見られ、価格に対しては賛否両論といえそうです。