2022年4月18日から交付が開始された、新しい全国版図柄入りナンバープレート。この申し込み状況はどうなっているのか、国土交通省に聞いてみました。

新しい全国版図柄入りナンバーは白ベースに花柄

 全国版図柄入りナンバープレートとして過去に交付された「ラグビーW杯特別仕様ナンバープレート」や「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会特別仕様ナンバープレート」は、軽自動車でも白いナンバーが装着できるとあって大人気になりました。

 そして新たな全国版図柄入りナンバープレートが2022年4月18日から交付開始。図柄は「日本全体で立ち上がろう」という思いが込められ、全国47都道府県の花をモチーフにしたイラストを採用しています。

 今回の新しい全国版図柄入りナンバープレートは交付料金のみで入手できるモノトーン版と、「日本を元気にする取り組み」に対する寄付金(1000円以上)で選択可能なフルカラー版が用意されています。

 また区分を明確化させるために、一般的な登録車は枠なし、事業用登録車(商用車)は緑色の枠取り、軽自動車は黄色の枠取りが施され、計6種類がラインナップされています。

 全国版図柄入りナンバープレートは、新車や中古車購入のタイミングだけでなく、現在乗っているクルマでも同じ番号で図柄入りナンバーに交換できるのもポイント。

 さらに、クルマの買い替えなどで使用済みとなった図柄入りナンバーは、不正防止のための穴を開けたうえ、取り外して記念として保存することも可能です。

 ラグビーW杯ナンバープレートや東京五輪ナンバープレートのようなシンプルなデザインではないものの、着色された枠があるとはいえ、軽にも白ベースのナンバーを装着できるとあって人気は上々のようですが、どれほどの人気を集めているのでしょうか。

 全国版図柄入りナンバープレートの制度を担当している国土交通省に、人気動向を聞いてみました。

「新たな全国版図柄入りナンバープレートの申込み件数は、令和4年6月末時点で約6万7000件です。そのうち、約7000件が登録車(普通車)、約6万件が軽自動車となっております」(国土交通省担当者)

 今回の全国版図柄入りナンバープレートは、全国の花のイラストが盛り込まれ、いかにも図柄入りといったデザインになっていますが、普通車のよりも軽自動車のほうが8.5倍以上も申し込みがあり、黄色い枠があるとはいえ、白ベースのナンバープレートを装着したい軽オーナーが多いことがわかります。

※ ※ ※

 かなりの盛り上がりを見せた、ラグビーW杯ナンバープレートと東京五輪ナンバープレートは、最終的にどれくらいの申し込み(交付)があったのでしょうか。

「過去に交付された全国版の図柄入りナンバープレートの交付実績ですが、『ラグビーW杯ナンバープレート』は2017年4月3日から2020年1月31日までの交付期間(約2年半)で約52万3000枚を交付しています。

『東京オリンピック・パラリンピックナンバープレート』は2017年10月10日から2021年11月30日までの交付期間(約4年)で約524万枚の交付枚数となっています」(国土交通省担当者)

 ラグビーW杯ナンバープレートで人気に火が点き、その後の東京五輪ナンバープレートでは約10倍も交付されたというわけです。

「大阪・関西万博」ナンバーは2023年から

 ラグビーW杯ナンバープレートと東京五輪ナンバープレートの「寄付金なし」は、大会ロゴのみのシンプルなデザインで枠への着色もありませんでした。

 そのため、通常であれば黄色のナンバープレートを装着する軽自動車にも白いナンバープレートが装着できると話題になりましたが、こういった人気のナンバープレートが復刻することはあるのでしょうか。

「残念ではございますが、現在交付が終了している図柄入りナンバープレート(ラグビーW杯と東京五輪)は、復刻の予定はございません」(国土交通省担当者)

 しかしがっかりしなくても大丈夫です。実はすでに次の新たな全国版図柄入りナンバープレートが登場予定だといいます。

「2025年の大阪・関西万博の開催を記念した『大阪・関西万博特別仕様ナンバープレート』が登場予定で、交付は2022年10月下旬頃からを予定しております。

 また、地方版図柄入りナンバープレートにつきましても現在新たな導入地域を募集しており、既存の地域名や都道府県を単位とした図柄は2023年10月頃、新たなご当地ナンバーの導入を伴う図柄は2025年5月頃の交付開始を予定しております」(国土交通省担当者)

 大阪万博を盛り上げるために登場予定の「大阪・関西万博特別仕様ナンバープレート」は、公式ロゴをモチーフにしたポップなデザインが特徴。キュートなデザインのクルマに似合いそうです。

※ ※ ※

 ラグビーW杯ナンバープレートや東京五輪ナンバープレート、今回新たに登場した全国版の図柄入りナンバープレートのほかに、各地域の風景や観光名所をモチーフにした図柄を用いた「地方版図柄入りナンバープレート」も存在します。

 この地方版図柄入りナンバープレートは、2018年10月1日から第1弾として全国の41地域の図柄入りナンバープレートが登場。2020年5月11日からは第2弾の17地域が追加され、現在は58地域の地方版図柄入りナンバープレートがあります。

 これは、ご当地の魅力を全国に発信する「走る広告塔」としての役割を担うもので、申し込みの際に募った寄付金は、導入地域における交通改善や観光の振興などに活用されているそうです。

 デザインは、たとえば「奈良」ならシカで有名な「奈良公園」をモチーフに、「山形」は名産品の「さくらんぼ」、静岡県と山梨県にまたがって交付される「富士山」は「赤富士」、広島県福山市の「福山」ナンバーはプロ野球球団「広島東洋カープ」のキャラクター「カープ坊や」をモチーフにするなど、採用された図柄を見るだけでも楽しめます。

 また通常の申し込みはモノトーン、寄付金ありがフルカラーも選択可能で、商用車と軽自動車にはそれぞれ緑と黄色の枠線が用いられるなど、枠線の左上の切りかけに塗りつぶしの有無による違いはありますが、今回の全国版第3弾と同じ6種類となっています。