16代目となる新型「クラウン」が世界初公開され、大きな話題となっています。SNSでは、早くも「クラウンパトカー」をイメージししたデザイン、パトカー風のイラストで描いたユーザーが見られます。

新型「クラウン パトカー」を描いてみた! 近い将来には実現する?

 2022年7月15日、トヨタは16代目となる新型「クラウン」を世界初公開しました。
 
 大きな話題となっている新型クラウンですが、SNSでは、パトカー風のイラストで描いたユーザーが見られます。

 クラウンは、1955年から販売されているトヨタを代表する乗用車のひとつです。

 歴代クラウンといえば、セダンを基調とするスタイルで歴史を重ねてきましたが、今回発売される16代目となる新型モデルでは、「クロスオーバー」「スポーツ」「セダン」「エステート」の4タイプが展開されることになりました。

 そのなかで、2023年に登場するとされる「クラウン セダン」について、トヨタは「新たなフォーマル表現でショーファーニーズにも対応する正統派セダン」と説明しています。

 新型クラウン セダンのボディサイズ(開発目標値)は、全長5030mm×全幅1890mm×全高1470mm、ホイールベース3000mmとなり、まさに大型サルーンといえるモデルです。

 また、フロントフェイスにはクラウン伝統の「王冠マーク」も新しいデザインに一新され、シンプルでクリアなアイコンに刷新されました。

 このように、さまざまな魅力が詰め込まれた新型クラウンについて、SNSでは「未来行きすぎじゃない?」「メーターの演出がカッコいい」「だいぶ攻めてて、カッコいい!」など、称賛の声が多く見られます。

 また、「車高ちょっと下げてみた」「ちょっとホイール出してみたらいい感じ」など、これからのカスタムを想定した画像を投稿している人も多く見られます。

 なかでも、話題となっているのが「しよつばめ(@siyo0216)」さんの投稿です。

 しよつばめさんの投稿では、「新型こういうことでおけ?」と、投稿されたイラストは、パトカーを模した1枚となっています。

 製作経緯について、しよつばめさんは、「新型クラウンはクラウンとは思えない風貌で、個人的にしっくりきませんでした…そこで『クラウンといえばパトカーだ』と思い、パトカーにして無理やりしっくりこさせようと思い描こうと思いました!」と話します。

 また、コンセプトは「新型のデザインが未来感がすごく、実際にパトカーとして道路を走っていたら、こんな感じだろうと描いてます」といいます。

 実際に投稿されたイラストでは、パトカーお馴染みの白黒のボディに、「POLICE」「警視庁」と表記され、ルーフには赤い回転灯が装着されています。

 さらに、グリル部分には赤いフォグランプが増設され、新型クラウンが、これから登場する本物のパトカーのような風貌になっています。

 しよつばめさんは、こだわりポイントについて次のように説明します。

「私の画風は綺麗めではないので、雑さを誤魔化しつつ、赤色灯やヘッドライトをイラスト風に光らせればかっこよく見えるので光らせ、あとイラストの特権で、車高を落としたところです!(笑)」

※ ※ ※

 コメント欄には「むしろ捕まって乗りたいまである」「ワイルド・スピードに出てきそう!」「これは逃げ切れなそう!(笑)」「採用されてほしい」といった称賛の意見が相次ぎ、大きく盛り上がっている様子が見て取れます。