世界的なオークションの「バレットジャクソン」にクルマとクルーザーが一体化した「BOATERHOME」が出品され、1000万円近い金額で落札されました。8mを超える巨大なクルマだといいます。

お値段1000万超えの車船一体型巨大キャンピングカー

 アメリカでおこなわれる世界的なオークションの「バレットジャクソン」では、クラシックカーや量産第1号車、劇用車などのさまざまなコレクターズカーが出品されています。

 2022年6月にラスベガスで開催されたオークションでは、クルマとクルーザーが一体化した「BOATERHOME」が出品され、1000万円近い価格で落札されました。

 どのようなクルマなのでしょうか。

 BOATERHOMEは、モーターホームの豪華さとキャビンクルーザーの楽しさを兼ね備えた、クルマとボートをシームレスに一体化できるように改造された車両。

 クルマの荷台部分が、クルーザーを載せられるようになっており、地上でもキャビンとして使用可能です。

 クルマの部分は、1987製フォード「E-350」を改造した車両で、3速オートマチックトランスミッションと組み合わせた排気量460ci(約7500cc)のV型8気筒エンジンが搭載されています。

 前輪駆動になっていて、エアコンやブレーキ、シート、フロアマット、燃料ポンプ、油脂類、オーディオなどが新しいものに交換されているとのことです。

 車体後部に搭載されるクルーザーは、グラスファイバー製で260馬力のV型8気筒エンジンを搭載。船舶の部分だけで全長は28フィート(約8.5m)もあります。
 リチウムイオンバッテリーや3000Wインバーター、湯沸かし器、キッチン、ストーブ、冷蔵庫、電子レンジ、22個のスピーカー、LED照明などが装備され、船内で快適に過ごせる仕様です。

※ ※ ※

 今回、出品されたモデルは車両部分、船舶部分と別々に出品されており、車両部分が1100ドル(日本円換算で約15万円)、船舶部分が7万5900ドル(日本円換算で約1044万円)で落札されました。