スバルのスポーツカー「BRZ」が初代デビューから10周年を迎え、それを記念する特別仕様車が登場します。200台の限定販売です。

青アクセントの内装が最高にクール!

 スバルは、初代「BRZ」の誕生10周年を記念して、特別仕様車「S “10th Anniversary
Limited”」を2022年7月24日に発表しました。

 BRZは、水平対向エンジンを搭載したFRレイアウトのピュアスポーツカー。2012年に初代モデルがデビューし、2021年には2代目へとフルモデルチェンジしています。

 今回登場した特別仕様車「S “10th Anniversary Limited”」は、上級の「S」グレードをベースに、10周年を記念した専用アイテムを装備。

 外観は、マットブラック塗装を施した専用18インチアルミホイールを採用したほか、「BRZ」リアエンブレムやドアミラーカバーもブラックで統一し、スポーツカーらしさを際立たせました。

 また、内装はボディーカラーの「WRブルー・パール」に合わせたブルーステッチをシートやシフト回りに施しています。

 さらに、バックガラスには記念ステッカー、ドアトリムには記念の刺繍をあしらい、特別感を演出しました。

 特別仕様車「S “10th Anniversary Limited”」の価格(消費税込)は、6速MTが338万8000円、6速ATが355万3000円です。

 200台の限定販売とし、2022年7月28日から9月30日の期間中に全国のスバル販売店で注文が受け付けられます。なお、9月30日以前に200台に達した場合は、その時点で販売終了となります。