スバルは、初代「BRZ」の誕生10周年を記念して、特別仕様車「S “10th Anniversary Limited”」の受注を2022年7月28日より開始します。限定200台で、限定数に達し次第、受注終了日(9月30日)を待たずに販売を終了するということです。

内装に施されたブルーのアクセントカラーに注目!

 スバルは、FRスポーツカー「BRZ」の特別仕様車「S “10th Anniversary Limited”」の受注を、2022年7月28日から9月30日まで200台限定で受け付けます。

 初代BRZから生誕10周年を迎えたことを記念して企画されたこの特別仕様車は、どのような装備が採用されているのでしょうか。

「S “10th Anniversary Limited”」はSグレードをベースに、6速MT仕様と6速AT仕様のふたつが設定されます。

 外観は、ブラックの電動格納式リモコンドアミラーやマットブラックの18インチアルミホール、ラスターブラックのBRZリヤオーナメントを採用するなど、黒を基調としたコーディネートで精悍さを演出。

 10周年記念ステッカーもバックガラスに配されます。

 内装は、スバルを象徴する「WRブルー・パール」を連想させるブルーステッチやブルーアクセントをウルトラスエード/本革シートや本革巻きのステアリングホイール・ハンドブレーキカバーなど随所に採用。

 ドアトリムには専用の10周年記念刺繍も施されます。

 またダークキャストメタリック加飾付きのヒーターコントロールダイヤル&スイッチ/プッシュエンジンスイッチや、ブラックのVSC(VDC)TRACKモードスイッチおよびスポーツ/スノーモードスイッチ(AT車のみ)も採用されました。

 特別仕様車「S “10th Anniversary Limited”」の価格(消費税込)は338万8000円から355万3000円に設定されます。なお、9月30日までに受注台数が限定200台に到達した場合、その時点で販売を終了するということです。

※ ※ ※

 BRZは、初代モデルが2012年に誕生。現行モデルは2020年11月に北米で現地仕様が世界初公開された後、2021年4月に日本仕様が披露されて、7月に正式発表されました。

 初代・2代目ともにトヨタとの共同で開発され、トヨタ版モデルとして「86」(現行モデルは「GR86」と改名)がラインナップされています。

 搭載される水平対向NAエンジンの排気量は、初代では2リッターだったのに対し、新型では2.4リッターまで拡大。トルク向上により加速性能も改善され、さらに余裕を感じる走りを実現しました。

 AT車に、同車初となる運転支援システム「アイサイト」が標準装備されることも特徴のひとつで、プリクラッシュブレーキや全車速追従機能付クルーズコントロールといった先進装備が安心・快適なドライブをサポートします。

 それではここでクイズです。

 現行BRZは、初代モデルと比較して、全高は+-何mmになっているでしょうか。

【1】-20mm

【2】-10mm

【3】+10mm

【4】+20mm

※ ※ ※

 正解は【2】の-10mmです。

 現行BRZの全高は先代より低められた1315mmとなっているほか、ルーフのアルミ化などでさらなる低重心化が進められています。

※クイズの出典元:くるまマイスター検定