近年流行りの車中泊ですが、同時にキャンピングカー需要も好調です。そうしたなかで、夏の車中泊では熱中症対策が肝心ですが、最近ではさまざまな対策品が登場しているといいます。

軽キャンパーの熱中症対策は換気が重要だった?

 夏になると、巷でキャンピングカーを見る機会が多くなるのと同時に、各地でキャンピングカーイベントが開催されます。
 
 キャンピングカービルダーはその会場で新型モデルを発表することが多いのですが、先だって開催された東京キャンピングカーショー2022では、個性的な空間レイアウトの車両に加えて、ある装備を重視したキャンピングカーが多く見受けられました。

 それは、暑さ対策施した軽キャンピングカーです。キャンピングカーの世界では、これまでキャブコンバージョンといわれるタイプにおいて、換気扇やエンジン停止時に使えるエアコンの装備が進んできました。

 しかしここ2年ほどは、バンコンバージョンというワンボックス車をベースにしたタイプでも、12V車載用や100V家庭用エアコンを装備するのがムーブメントになっています。

 気象庁は1991年から2021年までの夏(6月-8月)の平均気温偏差を発表していますが、2020年は+0.62度、2021年は+0.54度となっており、百年あたりで1.16度の気温上昇があったと説明しています。

 そもそも日本列島は北半球の中緯度に位置しているため、地球温暖化による気温上昇の影響を受けやすいとされています。

 ここ数年は気温が35度以上になる猛暑日も珍しくなく、2022年も猛暑日が9日間連続したことは記憶に新しいところです。

 そのためもあって、標高の低い場所にあるオートキャンプ場やRVパークでは夜間の気温がなかなか下がらず、寝苦しい夜を過ごさなければならないというのがオートキャンパーの悩みでした。

 加えて昨今は、一部のRVパークでは熱中症予防のために、オートキャンプ用エアコンや換気扇が装備されていないクルマを宿泊不可にするなど、ユーザーの利便性にも影響が出ています。

 そうしたことから、改めてキャンピングカー市場で注目されているのが暑さ対策装備です。

 しかしエアコンを装着するには、いくつかの問題をクリアしなければなりません。

 第一が電力。キャンピングカーにはサブバッテリーといわれる補助電池が付いているのが一般的ですが、これは駐車中に車内照明や家電などを使うためのものです。

 エアコンもこのサブバッテリーで稼働させるのですが、蓄電量を多くしない限りは、4-6時間程度でバッテリー切れになるといわれています。

 十分な時間稼働させるには、サブバッテリーを増やしたり、リチウムイオン化したりしなければなりません。

 第二にエアコンの設置場所ですが、これは本体ではなく室外機(熱交換機)のほうです。
 設置場所が多いキャブコンに取り付ける場合や、ウインドタイプの一体型は問題ありませんが、バンコンはルーフ上に載せるわけにもいかず、置き場所の確保が難しくなります。

 そのためビルダーはさまざまな工夫を施し、ワンボックス車のサイドパネルに穴開け加工をしたり、床下に下向きにするなどして、室外機を設置しているのです。

 しかし、トヨタ「ハイエース」や日産「NV350キャラバン」などは設置場所に多少の余地があるものの、スズキ「エブリイ」やダイハツ「ハイゼットカーゴ」「アトレー」には車体サイズ的にありません。

 しかも、こうした軽バンタイプは車内空間も狭いため、気温上昇が顕著で就寝中の熱中症の恐れが高くなります。

軽キャンパーの熱中症対策とは?

 東京キャンピングカーショー2022で多くの来場者に注目されていたのが、換気システムを標準装備している軽キャンパーです。

 キャンパー厚木がハイゼットに本格的な換気システムをインストールしたのが、「チッピー」です。

 チッピーは運転席の頭上の穴開け加工をおこない、そこにマックスファンというキャンピングカー用の換気扇が取り付けられています。

 ファンはトリムで覆う加工がされているため、取り付け後の違和感がありません。

 加えて、リアゲートにエアインテーク加工がされているのもチッピーの特徴。

 ゲート下部に4箇所の穴を開けて、そこから入った空気はゲート上部にあるアウトレットから出て、車内に空気の流れを作るという仕組みになっています。キャンパー厚木のスタッフは次のように話しています。

「防犯上のことを考えると、窓を開けたまま寝るのは心配です。

 かといって、閉め切ったまま寝るのは熱中症が心配。もはや日本の夏は、こうした装備なしで車中泊をするのは限界のところまで来ています」

 一方でマリナRVが展示したアトレーベースの「キャビンIIミニBASE」にもまた、新しい換気システムがオプションとして付いていました。

 右のスライドドアの窓用にウインドーエクステンションを設定し、防犯的な問題を解決。さらに助手席に3連ファンを装着することで、車内の換気を促します。

 こうした換気システムのほか、キャンピングカー市場ではポータブルクーラーも注目されています。

 ポータブル電源などを使って稼働させる携行可能なクーラーで、吸気・排気のダクトさえ車外に出せれば、冷気を車内に循環させることができるアイテムです。価格は10万円台後半で、どんな車種でもすぐに使えるのが特徴です。

※ ※ ※

 車中泊時の暑さ対策市場も熱を帯びていますが、半導体不足の影響もあってすぐに商品が買えない場合もあるといいます。

 しかし、残暑は秋まで長引きそうな気配ですので、早めに対策を講じたほうが良さそうです。