ダイハツは、軽クロスオーバー「タフト」の新たな特別仕様車「ダーククロム ベンチャー」の情報を公開し、先行受注を開始しました。

「タフト」特別仕様車公開

 2022年7月27日にダイハツは、軽クロスオーバー「タフト」の新たな特別仕様車「ダーククロム ベンチャー」の情報を公開し、先行受注を開始しました。
 
 この特別仕様車は、2022年秋に発売を予定しています。

 2020年に発売したタフトは、“Tough & Almighty Fun Tool ”「日常からレジャーシーンまで大活躍、毎日を楽しくしてくれる頼れる相棒」をコンセプトとしています。

 そのなかで実際にユーザーは日常使いやレジャーに使用しているといいます。

 今回、2021年5月に発売し、大変ご好評をいただいている特別仕様車「クロム ベンチャー」に加え、よりタフさを演出するダークブラックメッキやガンメタリック塗装、ブラックマイカメタリック加飾を施した「ダーククロム ベンチャー」を新たに設定しました。

 また、好評のアースカラーに新たなセラミックグリーンメタリックと力強さを感じるクロムグレーメタリック、レーザーブルークリスタルシャインの3色をベース車も含め追加設定します。

 なお、ダーククロームベンチャーではフードガーニッシュやバックドアガーニッシュ、ドアハンドル、ドアミラーをダークブラックメッキ&ガンメタリック塗装で仕上げています。

 対してクロムベンチャーは、フードガーニッシュやバックドアガーニッシュ、ドアハンドルがメッキ&シルバー塗装です。

 そのほか共通して、インテリアでは送風口やシフトベゼル、メーターパネルなどにダークシルバー加飾を付与しました。

 また、特別仕様車ならびベース車の商品強化として、音声認識機能やワイヤレス接続に対応した9インチスマホ連携ディスプレイオーディオを設定するなど時代進化にも対応しています。

※ ※ ※

 タフトのディーラーオプションには、「フードエンブレム(ダークブラックメッキ調)」「ルーフキャリア」「エンブレムセット(ダークブラックメッキ)」も用意されています。