トヨタグループのKINTOが、中古車のサブスクリプションサービス「KINTO ONE(中古車)」を開始。既存の新車版とどのような違いやメリットがあるのでしょうか。

まず東京から

 トヨタグループのKINTOは2022年7月27日、中古車のサブスクリプションサービス「KINTO ONE(中古車)」を始めました。

 新車のサブスクサービスで使われたクルマを活用。東京からスタートし、今後エリアを拡大していくといいます。

 同社は、毎月定額で使えるサブスクサービス「KINTO ONE」の新車版を2019年3月に開始しました。それから3年が経過しましたが、ユーザーから返却されたクルマを最大限有効活用するために、今回、中古車版を始めるといいます。

 サービスは、既存の新車のサービスの期間中にトヨタ正規販売店によるメンテナンスを施したクルマの中から、より状態の良い中古車が選ばれます。

 既存の新車版と同様、月額利用料には自動車保険や税金、メンテナンス代などの諸経費が含まれていますが、中古車の年式や車型を踏まえて、新車版より安く設定されるといいます。

 また、契約期間を2年とし、契約時に月額の約6か月分に相当する申込金を払うことで、中途解約にかかる解約金を不要にしています。

 例えばコンパクトトールワゴン「ルーミー」(X・ガソリン1.0L・2WD)の2021年式、走行距離6569kmの中古車だと、申込金21万6480円、月額利用料3万6080円です。

 サービス開始時点では、ルーミーのほか「ヤリス」「ライズ」など約10車種を用意しており、今後、新車版で取り扱っている車種が加わっていく予定です。