レクサスが誇るスーパーカー「LFA」。新車価格3750万円だったLFAですが、海外のオークションサイトでは1億円超えの価格で取り引きされています。

海外のオークションに1億円超えのレクサス「LFA」が!?

 トヨタの技術力が注ぎ込まれた“和製スーパーカー”となるレクサス「LFA」。
 
 新車価格3750万円だったLFAですが、海外のオークションサイトでは1億円超えの価格で取り引きされています。

“スーパーカー”といえば、フェラーリやランボルギーニといった輸入車を思い浮かべる人も少なくないでしょう。

 日本では、“スポーツカー”は豊富にラインナップされていますが、“スーパーカー”は歴史的に見てもあまり多くありません。

和製スーパーカーといえば、古くはトヨタ「2000GT」やホンダ「NSX」、日産「GT-R」、光岡「オロチ」といったモデルに加えて、LFAが挙げられます。

 LAFは、2010年から2012年にかけて、レクサスから500台限定で生産されたスーパーカーです。

 パワートレインには、4.8リッターV型10気筒エンジンを搭載し、最高出力560馬力、最大トルク48.9kgmを誇るうえ、カーボンを多様することで車両重量は1480kgと軽量に抑えられ、最高速は325km/hを記録します。

 フロントのフレームにアルミ素材を活用することで、FR駆動のスポーツカーでありながら、前後重量配分48:52というMR駆動のモデルのような重量配分により、輸入車のスーパーカー顔負けのハンドリング性能やコーナリング性能を実現しました。

 そんなLFAの新車価格は3750万円でしたが、海外のオークションサイト「duPont REGISTRY」では1億円を超える価格で取引されています。

 このように国産車が1億円以上の価格で取り引きされることは珍しく、それほど出展されたLFAがプレミアであることがうかがえます。

 出展されたLFAは2012年に生産された車両となっており、総走行距離はおよそ6200kmと非常に低走行距離です。

 さらに、この車両のオーナーは過去に1人のみ。エクステリアにはツヤが残り、エンジンルームも非常に状態が良く、大切に保管されていたことがわかります。

 真っ赤なボディに、シートなどの内装はブラックのレザーが基調とされていますが、シートの背面はレッドが差し色とされており、スポーティな印象となっています。

 整備記録や車検証、マニュアルなどがしっかりと積載され、必要な書類が揃えられた状態です。

 そうした書類が残されていることにより、万が一の故障の際にも適切な修理を受けることができるため、実際の走行も安心といえます。

 このLFAには、84万9900ドル(約1億1600万円)の価格がつけられていますが、希少性を考えると、まだまだ値上がりする可能性はありそうです。