2022年5月下旬に公開された日産新型「サクラ」ですが、同日にはメタバース(仮想空間)上でもお披露目されました。そんななかSNSでは、VR試乗がきっかけとなりサクラを購入したユーザーが存在。どういった経緯があるのでしょうか。

きっかけは「VR試乗」 購入を決めたポイントとは?

 日産は新型「サクラ」を2022年5月20日に発表。同日には、メタバース(仮想空間)上の「NISSAN CROSSING」でも発表イベントがおこなわれました。
 
 そんななか、SNSではメタバース空間での試乗をきっかけにサクラの購入をしたというユーザーが存在。購入の決め手にはどういった経緯があったのでしょうか。

 新型サクラは、日産と三菱の合弁会社 NMKVが企画・開発マネジメントを担当して誕生した軽規格の量産電気自動車です。

 そして日産は、デジタル上でのコミュニケーションの場を広げる活動の一環として「VRChat」(米国のVRChat Inc.が運営するソーシャルVRアプリ)でもバーチャルギャラリー版のNISSAN CROSSINGを展開中です。

 メタバース上の新型サクラ発表イベントの実施に合わせて、「NISSAN SAKURA Driving Island」も登場。

 四季折々の桜の風景を表現したエリアをサクラでドライブできるようになっており、実際にハンドルを操作して走行が可能でこのほかさまざまな体験することができます。

 そんななか、この新型サクラのVR試乗をきっかけにクルマの購入を決めたというユーザーが存在。一体どういった経緯があるのでしょうか。

 購入者であるmaropi(@maropi_kunka)さんは、購入の経緯について以下のように話します。

「もともとVRChatをプレイしていて、SNSでサクラのVR試乗ワールドがあることを知り、仮想空間上の友達と試乗しに行きました。

 VR試乗で初めてサクラのデザインや電気自動車であることを知りました。

 実際のVR試乗では、操作性に魅力を感じたというよりは、友達とサクラに乗ってワイワイと楽しむことができて良い思い出となりました。

 その後、たまたま近所のショッピングモールでサクラが展示してあり、VR試乗のことも思い出し、すごく素敵なクルマに見えて初めて購入を検討。

 実際にリアルでの試乗と機能面での話を聞いて納得できたので購入することに決めました」

 現実で実車に試乗をした感想について、maropiさんは以下のように話します。

「実際に試乗した際はしっかりと加速できたりと、リアルでの運転の良さを理解できたのが良かったです。

 外装はVR試乗で見た時とまったく同じだったので『仮想空間で見たものが現実にもある!』と少し興奮した覚えがあります。

 内装についてはVRだと少し確認しづらい仕様だったのですが、実際に見たときに好みのデザインで、購入を決めた理由のひとつとなっています」

※ ※ ※

 実際にリアルで試乗する選択肢のほか、今回のようにVR試乗をきっかけにクルマの購入を決めた人もいるなど、クルマの購入の決め手はさまざまなきっかけへと変わってきているようです。