"カジサック"こと梶原雄太さんが、自身の公式YouTubeチャンネルで、同チャンネルのスタッフに向けた専用車として「アルファード エグゼクティブラウンジS」を導入したと報告しました。

高級感ある車内にカジサックさんも「マジスゴい」とコメント

“カジサック”で知られる「キングコング」の梶原雄太さんが、自身のYouTube撮影スタッフ「チームカジサック」に向けた専用車「アルファード エグゼクティブラウンジS」を購入したと、公式YouTubeチャンネル「カジサック KAJISAC」で報告しました。

 YouTubeでの活動が人気を博しているカジサックさん。同チャンネルで遠方の撮影をする際はカジサックさんの私用車を使っていましたが、最近子どもの習い事などで使われる機会が増えたため、新たに1台、クルマを購入する決断をしたそうです。

 導入したのはアルファード エグゼクティブラウンジSで、その際にはクルマ系YouTubeチャンネル「L’OPERAIO Channel」に相談したそうです。そこでいくつかの要望を伝えた所、ちょうどL’OPERAIOが社用車として使っているアルファードが適合し、売ってもらうことになりました。

 車体のカラーは上品なブラック。さらに車内は、カジサックさんが「マジスゴい」と話すほど豪華な装備がそろっています。

 まず驚くのがシートの豪華さ。大人でも新幹線のグリーン席のようにゆったり座れます。さらにシートは電動でリクライニングできるほか、オットマン機能も完備。天井にはサンルーフもあるため、いつでもリラックスできそうです。

 最後はスタッフ全員でアルファードを初乗り。「座り心地めっちゃ良い」「2列目はホントに贅沢」とその素晴らしさを堪能していました。ちなみにカジサックさんは、このアルファードについて、「チームカジサック号なので、(プライベートでも)好きに使ってもらって良い」と話しています。

 視聴者からは「外見も車内もすごくお洒落」「カジサック号おめでとうございます」などのほか、「プライベートでも使ってっていうの、みんなの事を思いやっていて素敵」といった意見もありました。

※ ※ ※

 アルファードはトヨタの代表的な高級ミニバン。なかでもエグゼクティブラウンジS/エグゼクティブラウンジはアルファードの最上級モデルです。

 エグゼクティブラウンジSのハイブリッド車/E-fourモデルの価格は775万2000円(消費税込、以下同様)にもなり、これはエントリーモデル(「X」2WDモデル)の2倍以上の額になります。