トヨタ新型「クラウン」の世界初公開にあわせ、「クロスオーバー」に2種類のカスタム仕様が登場しました。「GRパーツ」と「モデリスタ」ではどのようなカスタムが楽しめるのでしょうか。

「GRパーツ」「モデリスタ」のカスタムパーツとは?

 トヨタが新型「クラウン」を2022年7月に世界初公開して話題になっています。

 16代目となる新型クラウンは4つのスタイルを用意。これまでの「セダン」のほか、セダンとSUVを融合させた「クロスオーバー」、運転しやすいパッケージでスポーティな走りを楽しめる「スポーツ」、大人の雰囲気で余裕のある走りを持つ機能的なSUVとして「エステート」が設定されます。

 新生クラウン第1弾としてクロスオーバーが2022年秋に発売される予定ですが、早くも同車のカスタム仕様の「GRパーツ」と「モデリスタ」がラインナップされました。

 新型クラウンのGRパーツは、「最新の空力技術を駆使した機能美」を表現し、空力とデザインを高次元で融合させた、上質感のあるスポーツスタイルとなっています。

 また低重心で迫力のあるスタイルを演出するだけでなく、空力機能により走行安定性の向上も実現しました。

 具体的には、低重心感を強調させる「GRフロントスポイラー」のほか、「GRサイドスカート」、「GRリヤバンパースポイラー」、「GRリヤトランクスポイラー」の4つのパーツがセットとなった「GRエアロパーツセット」が登場。

 ほかにも、シンプルでありつつ上質なスポーツスタイルを演出する「GR21インチ鋳造アルミホイール&タイヤセット」や、乗り心地と操縦安定性の向上を高次元で両立する「GRパフォーマンスダンパー」などがラインナップしています。

 一方のモデリスタは、「BRILLIANT FORCE(ブリリアントフォース)」をデザインコンセプトとし、「品格」「造形美」「変わり映え」を表現。クロスオーバースタイルのベース車とマッチさせつつ、モデリスタらしい個性と存在感のあるスタイルとしています。

「モデリスタ エアロパーツセット」として、バンパー下端にフローティングさせたウイング状のメッキ加飾がベース車の造形とシンクロしている「フロントスポイラー」や、車両や他のエアロパーツとの統一感をより高める「カラードフェンダー」などを設定。洗練された高級感のあるスタイリングへと昇華させます。

 さらに、従来の3点セットではなく、価格を抑えながらも5点セットにすることで、新型クラウンの“変わり映え感”やモデリスタらしさをより引き出します。

 また、3点のメッキガーニッシュで構成された「クールシャインキット」は、フロントグリルガーニッュを中心に、エアロパーツとは一味違った煌びやかで高級感のあるスタイルを楽しむことができます。

 ほかにも、「ドアハンドルプロテクター」や「セキュリティ付ナンバープレートボルト」を設定し、モデリスタブランドで車両をトータルコーディネートできるようなラインナップとしました。

※ ※ ※

 価格(消費税込、以下同様)は、GRエアロパーツセットが29万400円から32万4500円、GR21インチ鋳造アルミホイール&タイヤセット(1台分)は48万4000円、GRパフォーマンスダンパー(フロント1本)は、4万9500円。

 モデリスタ エアロパーツセットが37万6200円から42万2400円、クールシャインキットが8万8000円です。