2022年5月20日ドイツの「BRABUS」は、同社の公式ホームページで最高出力900hp(662kW)の超高級SUVメルセデス・ベンツ「Gクラス」のカスタマイズモデル「ブラバス 900 スーパーブラック」を発表しました。どのようなクルマなのでしょうか。

7000万円超えの極速「Gクラス」登場

 2022年5月20日にドイツのカスタムメーカー「BRABUS」は、最高出力900hp(662kW)の超高級SUVメルセデス・ベンツ「Gクラス」のカスタマイズモデル「ブラバス 900 スーパーブラック」を発表しました。

 BRABUSは、ドイツ・ボットロプに本拠を置くメルセデス・ベンツブランドの車両をカスタマイズするメーカー。40年以上の歴史を持ち、現在100カ国を超える国と地域で車両を展開しています。

 Gクラスは、機能性を優先したシンプルなボディデザインに、オールラウンダーとしての優れた性能と高級感を備えた最高級クロスカントリーSUV。2018年に現行モデルへフルモデルチェンジしています。

 今回発表されたブラバス 900 スーパーブラックは、ブラバスが展開する「Monochromeデザインシリーズ」の第3弾。ベース車両のGクラスにエンジンチューンやボディキットの装着などをおこなったカスタマイズモデルです。

 パワートレインは、最高出力900hp(662kW)を発揮する新開発のターボチャージャーを取り付けた4.5リッターV型8気筒ツインターボエンジンを搭載、これに9速オートマチックトランスミッションが組み合わされます。これにより最大トルク約127kgf・m、0−100km/h加速3.7秒を発揮、最高時速は280km/hに達します。

 排気系には、フルカーボンテールパイプトリムが設置されるほか、アクティブ サウンド マネージメントが搭載されていて、ボタンひとつで「スポーツ」モードの非常に力強いV8サウンドと「カミングホーム」モードの小さな排気音を切り替えることができます。

 エクステリアは、ルーフやボンネット、サイドパネル、スペアホイールカバーなど、各所にカーボン製のパーツがあしらわれ、ブラバスならではの「1秒の驚き」を実現しています。

 足元には24インチの鍛造ホイールを装着。サスペンションはBRABUSのアルミ製コイルオーバー・サスペンションを採用し、車高を最大45mm下げることが可能で、低重心化によるドライビング・ダイナミクスの向上が図られました。

 インテリアには各所フロアやパネルのレザー化など18項目のカスタマイズがおこなわれ、細部に至るまで洗練されています。

 このカスタムモデルの完成車の価格は、約51万6862ユーロ(約7122万円)です。