2022年8月14日の高速道路の渋滞予測をまとめました。都市部に戻る路線などで深夜まで激しい混雑となる見込みです。

東名・中央道上りは翌1時まで渋滞の見込み

 お盆をふるさとや行楽地で過ごした人々で、高速道路が混雑しています。

 高速道路各社によると、2022年8月14日は、全国の高速道路で10km以上の渋滞が81回(下り32回・上り49回)発生する見込みです。お盆期間で最も多く、上りだけ見ても14日が混雑のピークとなっています。

 そのうち30km以上と予測されている渋滞は次のとおり(順に先頭、ピーク時の渋滞長・通過時間、発生時間)。

・東名高速:上り綾瀬スマートIC、50km・120分、11時〜翌1時
・中央道:上り小仏トンネル、30km・120分、10時〜翌1時
・東北道:下り矢板北PA、30km・75分、7時〜16時/上り加須IC、35km・70分、15時〜22時
・関越道:上り高坂SA、35km・70分、正午〜23時

 このほか名神の上下線や、中央道・関越道・第二神明の下り、常磐道・上信越道・京葉道路・中国道の上りなどで20kmを超える渋滞が予測されています。

 なお、14日は、国土交通省の方針に基づき、繁忙期などの渋滞の激化を避けるため、ETC車を対象とした休日割引は適用されません。

 高速道路各社は渋滞予測を確認のうえ、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点からも、利用の日や時間帯を変えるなど、渋滞を避けた移動を呼び掛けています。

 また、北陸道は、8月4日からの大雨による土砂災害の影響で、下り(金沢・新潟方面)の敦賀IC〜今庄IC間は、8月末まで通行止めが続く見通しです。

 このため国土交通省近畿地方整備局やNEXCO中日本は、近畿・東海から北陸方面へ向かう際は、東海北陸道や中部縦貫道(油坂峠道路・永平寺大野道路)などの広域迂回ルートを通るよう協力を呼び掛けています。

 なお、上り(米原方面)は10日に通行止めが解除されています。