NEXCO中日本が2022年11月に東名高速の東京IC〜大井松田IC間で集中工事を計画。小田原厚木道路と西湘バイパスでは夜間IC閉鎖も実施される予定です。

東京IC〜大井松田IC間で昼夜連続車線規制

 東名高速の東京IC〜大井松田IC間で、2022年11月に集中工事が計画されています。昼夜連続の車線規制などで激しい渋滞が予測されており、注意が必要です。

 期間は11月7日0時から11月26日6時までの平日です。

 昼間は1車線規制、夜間は2車線規制を実施するなど、工事箇所や時間帯で走れる車線数が変わります。この規制により、期間中は最大約25kmの渋滞が予測されています。

 NEXCO中日本によると、18〜22時頃、上りの海老名JCT〜横浜町田IC間で渋滞が発生しているときに海老名SAから東名本線に合流する場合、合流できるまでに最大1時間半程度(2021年度実績)かかることがあるとのこと。そのため休憩・給油には前後のSA・PAを利用するようすすめています。

 また、夜間から早朝にかけて上下線で混雑しますが、特に上りでは未明から早朝にかけて激しい混雑になる見込みです。

 このためNEXCO中日本は、利用する時間帯の変更をはじめ、小田原厚木道路(小田厚)、圏央道、中央道、東富士五湖道路、一般道といった迂回ルートや公共交通機関の利用を呼び掛けています。なお、指定の迂回ルートを利用した場合、料金調整が実施される予定です。

小田厚と西湘BPは夜間IC閉鎖を計画

 小田厚の伊勢原ICと西湘バイパスの国府津ICでは、夜間閉鎖が計画されています。

 伊勢原IC(下り入口のみ)は11月12日と13日、国府津ICは11月21日から25日まで。時間は各日19時から翌6時までです。国府津ICの閉鎖は上り入口・下り出口・下り入口が対象ですが、日によって異なります。

 東名・小田厚・西湘BPの集中工事では、舗装補修、橋の継ぎ目の伸縮装置の更新、道路構造物の点検などがおこなわれます。

※ ※ ※

 なお、東京から静岡にかけての東名では、この集中工事の期間中、多摩川橋と大井松田IC〜御殿場IC間(下りのみ)、沼津IC〜清水JCT間でもリニューアル工事が実施されています。

 これらのリニューアル工事でも、昼夜連続の車線規制やルート閉鎖、夜間通行止めなどが計画されていることから、NEXCO中日本は事前に特設ウェブサイトなどで確認してほしいとしています。