2022年8月6日から7日の2日間にかけて、アソビとクルマが融合したイベント「アソモビ」が幕張メッセにて開催されました。そのなかで、スズキ「エブリイ」を「ジムニー」風にフェイスにカスタムしたクルマが注目を集めていました。

顔は「ジムニー」だけどボディは「エブリイ」!ジムリイとは何者?

 スズキの軽四駆「ジムニー」と商用バン「エブリイ」は昨今のアウトドアや車中泊といった需要の高まりから、人気を集めているモデルです。
 
 その2台を融合させたようなカスタムカー「ジムリイ」が存在します。

 エブリイは、後席両側スライドドアを装備した軽商用バンとなり、一方のジムニーは長い歴史を持つスズキのクロカンSUVです。

 そのなかでジムリイは、エブリイをベース車とし、フロントフェイスをジムニー風した斬新なデザインが特徴となっています。

 具体的にエブリイは通常、四角いヘッドライトで落ち着いたフロントフェイスが特徴となますが、このジムリイはフロントバンパー、フロントフェンダー、ボンネットなどを「ジムニーフェイスキット」に換装。

 さらに、フロントグリル、フロントウィンカーなどジムニーの純正パーツを装着することで、よりジムニーらしさあるフェイスになっています。

 そんなジムリイを手掛けるT.S.Dの長谷川氏は車両のこだわりについて、次のように話しています。

「スズキ『エブリイ』を同じくスズキ『ジムニー』のフェイスに大きく変化させたカスタムのキャンピングカーとなっています。

 ジムリイはテントを貼る必要がないため、“キャンプは少しめんどくさい”というような人でも、気軽にキャンプを楽しむことのできる手段のひとつになるのではないかと思います。

 今回の車両は4人乗りとなっており、中2人、上2人の仕様となっています。棚などの収納スペースも充実しており、さまざまなものを収納することが可能です」

 では、なぜエブリイがベース車両となったのでしょうか。

「もともと私はスズキのディーラーをやっており、ぜひスズキのクルマを活かしてカスタムしたいと思いエブリイにしました。

 エブリイは、4人で乗車することができ、かつ、棚をとりつけることも可能です。

 天気が良ければソーラーで充電しながら走行することもできるため、キャンピングカーには最適だと思います。

 また、足回りは特に力を入れており、全体的にかっこよく仕上げているので、こだわりのひとつです」(前出・長谷川氏)

 ジムリィのオプションには、インテリアにアウトドアでも利用できるようなアンティークベッドキットがラインナップ。

 木目調の引き出しが装備され、引き出しに天面カバーをつけることでテーブルとしても利用可能な仕様となっています。

※ ※ ※

 またジムリイの反響について、長谷川氏は次のように述べています。

「ジムリイは発表から約3年ほどが経過し、多くのお客さまから反響をいただいております。

 ファミリー層も増えており、子供がいるご家庭で気軽にキャンプとして利用されていることが多いのではないかと思います」

 ジムニーのスタイルは魅力的ですが、ドアが3枚ということもあり、ファミリー層には不便と感じることもあるようです。

 その点、ジムリイならジムニーの迫力あるフロントマスクにくわえ、4人でもキャンプで利用できるほどの居住空間があるため、人気だといいます。