新型シビックタイプRの純正アクセサリー仕様車が、富士スピードウェイで公開されたといいます。どのようなパーツが装備されていたのでしょうか。

カスタムされた新型「シビックタイプR」はもっとカッコいい!

 ホンダの純正部品を手掛けるホンダアクセスは、2022年9月に新型「シビックタイプR」用の純正アクセサリー発売を予定しています。

 そんななか、2022年8月6日・7日に富士スピードウェイにて開催された「スーパーGT 第4戦 富士」の会場で、新型シビックタイプR 純正アクセサリー仕様車が初公開されました。

 公開された車両は、精悍なソニックグレー・パールの車両にさまざまなパーツを装着した仕様となります。

 大柄かつ迫力あるデザインが特徴の「テールゲートスポイラー」は、同社が手掛ける「Modulo Xシリーズ」の開発で培った実効空力(日常の速度域でも体感できる空力効果のこと)の技術を投入。

 ドライカーボン製とすることで標準品より約1kgの軽量化を果たしたほか、スポイラー下面には特徴的な造形の実効空力デバイスを配しています。

 内装を見ると、テールゲートスポイラーと同じカーボン素材の「インテリアパネル」をセンターコンソールパネルとドアパネルに設定。

「シフトノブ」はブラックアルマイトにレッドレザーを組み合わせたデザインで、スポーティさを表現します。

 同じくブラックアルマイト仕上げの「サイドステップガーニッシュ」や、乗降時にタイプRロゴを照らし出してオーナーを出迎える「パターンプロジェクター」も注目アイテムです。

 今後の正式発売に向けて、期待が高まります。

※ ※ ※

 新型シビックタイプRは、11代目「シビック(ハッチバック)」をベースに開発。

 磨き上げられた専用の2リッターVTECターボエンジンに軽量かつ高剛性のボディが組み合わされ、究極のFFスポーツというコンセプトが掲げられています。

 またホンダは、サーキットでスピードリミッターを解除して、安全かつ確実に速度制限(時速180km)以上の領域を楽しめる専用機能も用意しました。

 それではここでクイズです。

 2022年8月現在、ホンダが新型シビックタイプRでスピードリミッターを解除できると説明している国内サーキットの数は、全部でいくつでしょうか。

【1】1箇所

【2】8箇所

【3】13箇所

【4】20箇所

※ ※ ※

 正解は【3】の13箇所です。サーキットの一覧は、次のとおりです。

・SUGOインターナショナルレーシングコース
・エビスサーキット
・モビリティリゾートもてぎ
・筑波サーキット
・袖ヶ浦フォレスト・レースウェイ
・富士スピードウェイ
・スパ西浦モーターパーク
・鈴鹿サーキット
・セントラルサーキット
・岡山国際サーキット
・阿讃サーキット
・オートポリス