北陸道下りの通行止めが、8月27日に解除されます。

27日朝6時に通行止め解除

 NEXCO中日本金沢支社は2022年8月26日、北陸道下り(金沢・新潟方面)の一部区間の通行止めを27日朝6時に解除すると発表しました。およそ3週間ぶりに全線が復旧します。

 北陸道では8月4日からの大雨で土砂崩れが発生しました。上り(米原方面)は通行止めがすでに解除されていますが、下りは現在も、敦賀IC〜今庄IC間21.5kmで通行止めが続いています。

 この区間にある下り敦賀トンネルの坑口付近では、大型ダンプトラック約4000台分に相当する約2万立方メートルの土砂が道路に流入し、昼夜を通した復旧工事が進められてきました。

 なお、敦賀IC〜今庄IC間21.5kmのうち、下りの葉原トンネル南坑口付近から敦賀トンネル南坑口付近までの4.1kmは追越車線をふさいだ1車線通行になり、規制速度は50km/hに設定されます。また、下り杉津PAは利用可能です。