トヨタ販売店を通じて購入した「GRヤリス」が、「KINTO FACTORY」の対象車種に加わりました。最大トルクを引き上げる新サービスも用意されています。

「GRヤリス」がKINTO FACTORYの対象に

 2022年8月24日、トヨタとKINTOが「KINTO FACTORY」の対象車種に「GRヤリス」を追加しました。

 KINTO FACTORYは、クルマを買った後も、技術革新にあわせてソフト・ハードの機能やアイテムを反映していき、クルマを最新状態に「進化」させるサービスです。

 GRヤリスに関しては、これまでKINTO専用車で特別仕様車の「RZ“High performance・モリゾウセレクション”」が対象でしたが、今回、トヨタ販売店を通じて購入したGRヤリスRZおよびGRヤリスRZ“High performance”、GRヤリスRCもその対象車種となりました。なおGRヤリスRSは対象外です。

 その「進化」の内容は、3200rpmから4000rpmにおける最大エンジントルクを現行370Nmから390Nmへと引き上げる「GR YARIS PERFORMANCE SOFTWARE 2.0」を適用する「アップグレード」(14万1400円、税込)、および、この「アップグレード」済みの車両を対象とした、ドライバーの個性や好みに合わせてクルマを最適化する「パーソナライズ」の2段階です。

「パーソナライズ」はさらに、GR Garageでのコンサルティングによるパーソナライズ(8800円、税込)と、ドライバーの走行データ分析によるパーソナライズ(1万5000円、税込)とが選べます。