トヨタを代表する「クラウン」。2022年7月15日に16代目へとフルモデルチェンジを遂げて「クロスオーバー」、「スポーツ」、「セダン」、「エステート)」という4つのボディタイプを展開することが明かされました。では、第一弾となるクロスオーバーにGR仕様が登場した場合、どのようなスタイルとなるのか予想してみました。

GRクラウン クロスオーバーはこうなる!? 大胆レンダリングで予想してみた!

 2022年7月15日に発表された新型「クラウン」は、4つのボディタイプへと生まれ変わるなど、先代までと比べて大きな変貌を遂げています。
 
 そんな新型クラウンシリーズ第1弾となる「クロスオーバー」に、GRバージョンが存在したらどんなスタイリングになるのか、予想レンダリングを作成してみました。

 およそ67年にわたり日本を代表する高級車として知られてきたクラウンは、16代目へとフルモデルチェンジしました。

 これまでのクラウンはセダンタイプを中心に展開されていましたが、新型クラウンでは「クロスオーバー」、「スポーツ(ハッチバック)」、「セダン」、「エステート(ステーションワゴン)」という4つのボディタイプを持つ、バラエティ豊かなラインナップとなりました。

 まず最初に発売されるのは、「クロスオーバー」です。

 一般的なセダンよりも最低地上高が高いためSUVのようなデザインにも見えますが、一方で多くのSUVよりも全高は低く、セダンとSUVを掛け合わせたような斬新なデザインとなっています。

 そんな新型クラウン クロスオーバーに、GRモデルが登場したらどんなスタイリングになるのでしょうか。

 まず、ベースとなるのは新開発の2.4Lターボ デュアルブーストハイブリッドシステムを搭載したもっともスポーティなグレード「RS」です。

 ボディカラーは、クラウンでは初採用となるツートンカラーの「ブラック×エモーショナルレッド」で、スポーティさを強調します。

 ノーマルの状態では一般的なセダンよりやや最低地上高が高く設定されていますが、GRモデルでは専用サスペンションによって、よりワイド&ローが強調されるルックスに仕立てました。

 ホイールサイズは純正同様21インチですが、ブラック塗装された専用デザインのものを装着。

 また、もっとも特徴的なのは「GRカローラ」と同じく非常に大きく開口したフロントグリルです。

 ノーマルの新型クラウンでは、スタイリッシュにまとめられているフロントマスクですが、GRモデルでは力強く迫力のある印象へと大きく変わると予想します。

 また、ほかのGRモデル同様、フロントグリルやボディサイドには「GR」のエンブレムが輝きます。加えて、ボディサイドのエアアウトレットがさらにスポーティな印象を強めています。

 このように、もしGRクラウンクロスオーバーが登場するのであれば、上質なクーペSUVスタイルから、アグレッシブなスポーツセダンのようなスタイリングになると予想します。

 そんなGRクラウンですが、実際に登場する可能性はあるのでしょうか。

 残念ながら、新型クラウン発表の場で豊田章男社長は、GRクラウンが登場する可能性について次のように語っていました。

「GRヤリスもGRカローラもまずモリゾウの顔が優先順位が先になって登場したクルマです。逆にクラウンはトヨタのフラッグシップでざいます。

 私には3つの顔があり、自工会の会長、トヨタの社長、モリゾウです。今回は、トヨタの社長と66歳の豊田章男の顔を優先しました。

 そういう意味ではこのクルマが私にどのようにフィットするのか、レーシングスーツではなくスーツ姿、そして普段のカジュアルな姿が似合うように使っていきたいと思っています。

 そのため、当面の間はモータスポーツに使うことは無いとモリゾウは思っていますが、トヨタという会社は社長の言うことは誰も聞かない会社でもありますし、このクルマをどうするかは主査やカンパニープレジデントが先見事項を持っているので、この先どうなるかはわかりません」

※ ※ ※

 そのため、現時点ではGRクラウンは「夢のクルマ」といえそうですが、過去には「センチュリー」のGRモデルともいえる「センチュリーGRMN」が豊田章男社長専用車として開発されたことを考えると、近い将来において、なんらかの形でGRクラウンが登場する可能性はゼロではないかもしれません。