2022年8月26日に発表されたスズキ新型「スペーシアベース」。最大のライバルといえるダイハツ「アトレー」では発表後すぐにキャンピングカー仕様が登場しましたが、新型スペーシアベースでもキャンピングカー仕様は登場するのでしょうか。

大注目の新型スペーシアベースは車中泊に使える? 使えない?

 発表前からネット上で話題になっていたスズキ新型「スペーシア ベース」が、2022年8月26日についにお披露目となりました。
 
 ライバルとなるダイハツ新型「アトレー」が登場した際には即座に車中泊仕様や軽キャンパーが制作されましたが、その道のプロは新型スペーシアベースをどう見るのでしょうか。

 同モデルの特徴は、兄弟車の「スペーシアカスタム」顔でありながら、4ナンバー商用車登録ということ。

 エクステリアデザインはヨーロッパ車に寄せたシックなテイストにして、ほのスペーシアシリーズとは一線を画したものになっています。

 昨今の軽自動車の傾向としてあるのが、セカンドシートの快適性を敢えて捨てて、積載的を向上させて道具としての魅力をアップさせることです。

 そのムーブメントを創ったホンダ「N-VAN」を筆頭に、ダイハツ「タフト」や「アトレー」と続きました。とくにアトレーは中年層のオジサン世代から人気だといいます。

 今回の新型スペーシアベースもまた、このトレンドに乗った1台といえそうです。

 新型スペーシアベースの最大の特徴は、床下収納できるセカンドシートと、ラゲッジスペースの使い勝手を変化させられる「マルチボード」を組み合わせたことです。

 このラゲッジボードはかつて、ホンダが「N-BOX+」で採用したものに酷似していますが、上中下の3段階の高さに加えて、前後を仕切るパーティションにもなるというアイデア機能。

 マルチボードを上段に置き、セカンドシートを倒して椅子代わりにすることでワークスペースとなります。

 さらに運転席・助手席のシートバックを倒して、ボードを中段に置くと就寝モードになるなど、アウトドア派の気を惹く機能がいくつかあります。

 また収納スペースが豊富なのも、ユーザーを魅了する美点のひとつです。

 クオーターパネル内側のポケットをはじめ、助手席下のボックス、インパネ上のボックスなど、物をしまっておける場所が各所に設けられているのは、自家用、商用問わず便利を感じさせるポイント。

 首都圏にあるスズキ販売店のスタッフに、新型スペーシアベースの魅力を聞いてみました。

「このモデルは税制面でリーズナブルな4ナンバー商用登録なのに、5ナンバー登録車のようなエクステリアを持っています。

 またエブリイよりも車高が低いため、安定した走りも実現しています。

 マルチボードの採用によって、荷室の使い方もほかのスペーシアシリーズより多様性が生まれたのも特徴です。

 さらに見逃せないのが、価格と装備のバランスの良さです。

 上位グレードのXFは、154万円強の価格ながら(2WD)、電動スライドドアとアダプティブクルーズコントロールが標準装備になっています。

 これは市場を見渡しても、スペーシアベースだけではないでしょうか」

※ ※ ※

 たしかにこのモデルは、先行して発売されたライバル車・アトレーと比較しても、見劣りしない魅力をいっぱい持っていそうです。

新型スペーシアベースはキャンピングカー仕様も出てくる?

 一方で、車中泊のプロともいえるキャンピングカービルダーは、違う見方をしています。

 埼玉県内にあるキャンピングカービルダーに、新型スペーシアベースの感想を聞きました。

「正直なところ、車中泊車としてはどうでしょうか。

 このモデルはFF車ですので、ノーズ部分が長く、その分だけ室内スペースが取られてしまいます。

 フラットフロアはできますが、運転席・助手席を最大限に前にズラしても、おそらく150cm程度の室内長しか取れないと思います(カタログ数値では137cm)。

 だからこそ、ボードと前席を連結させることでフラットシートを作ったのでしょう。

 見た目も洗練されているし、女性ウケしそうなエクステリアデザインですが、内装が張り出ていることなどを考えると、プロはキャンパーベースとしては見ないでしょうね。

 DIYでベッドを造る人もいると思いますが…」

 同じくライバル車のN-VANは、助手席を床下収納可能にすることで、室内長を長く取ることに成功しています。

 またアトレーはハイゼットバンと同じ駆動系レイアウトを採用しており、こちらも室内空間を確保するには有利です。

 一見すると3車は横一列のライバルのように思えますが、新型スペーシアベースだけ違う立ち位置にいることが分かります。

 従来になかったエクステリアと、マルチボードという便利機能、商用車ならではのフラットフロア、そして5ナンバー車譲りの安定した走りと静粛性が、新型スペーシアベースのウリといえるでしょう。

 エブリイ並のスペースユーティリティを期待するのは難しいですが、さまざまな機能と自分のライフスタイルが合致すれば、新世代商用車の第三極になるかもしれません。

 いずれにせよ、ヒットの可能性は十分です。