2023年に発売が予定されているトヨタ新型「クラウン スポーツ」。その特徴は「エモーショナルな雰囲気とスポーティな走りを兼ね備えたミドルSUV」だとトヨタは説明しています。では、そんなスポーティSUVをGR仕様に仕立てたらどのようなスタイリングとなるのでしょうか。

エモーショナルなミドルSUV「GRクラウンスポーツ」を大予想!

 2022年7月15日に発表された新型「クラウン」は、4つのボディタイプがラインナップされるなど、多くの人を驚かせています。
 
 そんな新型クラウンシリーズのなかで、もっともスポーティなモデルであるのがハッチバックの「クラウンスポーツ」です。
 
 今回は、そんなクラウンスポーツのGRモデルを予想してみました。

 4つのボディタイプは、2022年秋に「クラウン クロスオーバー」、2023年に「クラウン スポーツ」、「クラウン セダン」、「クラウン エステート」という名称で登場することが予定されています。

 最初に、クラウン クロスオーバーの一部グレードが2022年9月1日に発売され、そのほかのグレードも順次発売予定です。

 そんなラインナップを揃える新型クラウンシリーズのなかで、もっともスポーティなモデルといえるのがクラウンスポーツです。

 トヨタはクラウン スポーツについて、「エモーショナルな雰囲気とスポーティな走りを兼ね備えたミドルSUV」と説明しています。

 ボディサイズは、全長4710mm×全幅1880mm×全高1560mm、ホイールベース2770mm(開発目標値)となり、トヨタ「ハリアー」に匹敵。

 スポーティな走りを兼ね備えていることから、クラウン スポーツは新型クラウンシリーズのなかで「もっともGRに近い存在」といえるかもしれません。

 そんなクラウン スポーツにGRモデルが登場したらどのようなスタイリングになるのでしょうか。

 まず、ボディカラーは2022年6月に世界初公開された「GRカローラ」の「ヘビーメタル」にインスピレーションを得たメタリックグレーを採用しました。

 純正では鮮やかなメタリックレッドに彩られているクラウンスポーツですが、落ち着いたトーンのボディカラーによりレーシーな雰囲気が増しています。

 また、専用の足回りを採用することで、さらにワイド&ローを強調したスタイリングに。

 ホイールは大径の21インチのものが採用し、その奥には大きなブレーキディスクと赤く染められたブレーキキャリパーがのぞきます。

 元々スポーティな印象の強いフロントマスクは、純正のフォルムを活かした造形としています。

 ただし、純正と大きく異なるのは大きく開口したフロントグリルを採用した点です。

 GRカローラには304馬力を発揮する1.6リッター直列3気筒ターボエンジンが搭載されています。

 一方で、すでに詳細が明かされている新型クラウン クロスオーバーでは、システム最高出力234馬力を発揮する「2.5Lハイブリッド車」とシステム最高出力349馬力を発揮する「2.4Lターボ デュアルブーストハイブリッド車」のふたつが搭載されます。

 これがクラウンスポーツにも搭載されるとなれば、「2.4Lターボ デュアルブーストハイブリッド車」をGR専用チューニングする可能性も考えられ馬力が上げられているかもしれません。

 そうなれば当然のことながらインタークーラーなども大型のものを必要とするため、フロントグリルは純正に比べて開口部が大きくなるでしょう。

 もし、この予想通りのパフォーマンスが実現するのであれば、ポルシェ「マカンGTS」やアウディ「SQ5」などのハイパフォーマンスSUVと互角以上の戦いを見せる可能性もあり、また国産車ではもはやライバルは存在しないでしょう。

 しかし残念ながら、新型クラウン発表の場で豊田章男社長は「GRクラウンについては現状では考えていない」という趣旨の発言をしています。

 とはいえ、もし今後GRクラウンが登場するならば、その筆頭となるのはもっともスポーティなルックスを持つクラウンスポーツである可能性は決して低くはないでしょう。

 GRクラウン スポーツが、世界で大きなトレンドとなっているハイパフォーマンスSUV市場に攻勢を掛けるのか、いまから目が離せません。