レクサスがISの特別仕様車“F SPORT Mode Black III”を新設定し、2022年8月25日に発売しました。どのような特別装備が用意されているのでしょうか。

バイトーンカラー「ブラック&チタニウムカーバイドグレー」を設定

 2022年8月25日、レクサスは「IS」についてセンタークラスターメッキの色の変更などを含む一部改良を発表。あわせて、ISに特別仕様車“F SPORT Mode Black III”(Fスポーツ モードブラックIII)を新設定しました。

“F SPORT Mode Black III”は、以前も設定され好評を博してきた“F SPORT Mode Black”の第三弾モデルとなりますが、どのような特別装備が採用されているのでしょうか。

 IS300(2リッター直列4気筒ターボ)/IS300h(2.5リッター直列4気筒+モーター)/IS350(3.5リッターV型6気筒)の各仕様をベースに設定される“F SPORT Mode Black III”は、デザインにさらに磨きがかかる専用装備が特徴のモデルとなります。

 カラーコーディネートはブラックを基調とし、BBS製マットブラック塗装の専用鍛造アルミホイールやブラック塗装の専用ドアミラー、ブラックのウルトラスエードL texスポーツシートなどを装着。

 専用アッシュ(オープンフィニッシュ/銀墨)+専用ディンプル本革ステアリング(パドルシフト付)や“F SPORT”専用ディンプル本革シフトノブも装備されます。

 また、“F SPORT Mode Black III”専用設定のボディカラーとしてバイトーンカラーの「ブラック&チタニウムカーバイドグレー」を設定。

 ボディ前側から見るとボンネットがブラック塗装、その他がチタニウムカーバイドグレー塗装という配色で、精悍な顔つきを生み出しています。

“F SPORT Mode Black III”の価格(消費税込)は、586万円(IS300ベース)から701万円(IS350ベース)に設定されます。

※ ※ ※

 3代目となる現行ISは、直近では2020年11月にビッグマイナーチェンジを受けました。

 開発にあたって、2019年4月にトヨタが新設したテストコース「Toyota Technical Center Shimoyama」(愛知県豊田市下山地区)を徹底的に走り込み、優れた操縦性や乗り心地を追求。

 内装も、Apple CarPlayやAndroid Autoに対応した10.3インチタッチワイドディスプレイを新たに装備するなど、プレミアムコンパクトFRスポーツセダンとして熟成が図られたといいます。

 そんなISですが、全車標準装備のオーディオシステムとして「レクサスISプレミアムサウンドシステム」が搭載されています。

 それではここでクイズです。

 レクサスISプレミアムサウンドシステムのスピーカー数は、全部でいくつでしょうか。

【1】7スピーカー

【2】8スピーカー

【3】9スピーカー

【4】10スピーカー

※ ※ ※

 正解は【4】の「10スピーカー」です。

 システムの中核にフルデジタルClass-Dアンプを搭載したレクサスISプレミアムサウンドシステムは、厚みのある低音からクリアな中高音域まで音源をより忠実に再現。圧縮音源の高音域もクリアに再生するといいます。

※クイズの出典元:カーデイズ