ボルボが「V60」に、150台限定の特別限定車「V60 Recharge Polestar Engineered」、特別仕様車「V60 Ultimate B4 Dark Edition」を追加して発売します。通常モデルと比べて何が違うのでしょうか。

2種類の特別な「V60」が登場

 ボルボ・カー・ジャパンは2022年9月1日、ステーションワゴンの「V60 Recharge」に、150台限定の特別限定車「V60 Recharge Polestar Engineered」、特別仕様車「V60 Ultimate B4 Dark Edition」を発売しました。

 特別限定車V60 Recharge Polestar Engineeredは、プラグインハイブリッドモデルであるV60 Rechargeのハイエンドモデルです。

 ボルボ60シリーズで唯一、もっともパワフルなT8 AWDパワートレインを搭載。電池容量18.8kWhの駆動用リチウムイオンバッテリーによりEV走行換算距離(等価EVレンジ)は87kmを達成し、合算参考出力は462馬力(317馬力/400Nm + 145馬力/309Nm)、ハイブリッド燃料消費率(WLTCモード)は15.2km/Lを実現しています。

 またV60 Recharge Polestar Engineeredは、通常モデルの「V60 Recharge」と比べて走行性能の向上を図っています。

 22段階の減衰力に調整可能なオーリンズ製DFVショックアブソーバーと強化スプリング、Brembo製6ピストン・フロントブレーキキャリパー、371mm径スリット入りベンチレーテッドディスク、ストラットタワーバー、19インチの鍛造アルミホイールを専用装着しています。

 V60 Recharge Polestar Engineeredの販売台数は全国150台を予定し、今回の導入をもって、販売が終了する予定です。

 もうひとつの特別仕様車であるV60 B4 Ultimate Dark Editionは、直列4気筒2.0リッターターボエンジンに7速デュアルクラッチ式トランスミッションと48Vハイブリッドを組み合わせたB4パワートレイン搭載モデルで、ベンチレーションやリラクゼーション機能付きのナッパレザーシートや、オレフォス社製クリスタルシフトノブなど、北欧ならではのラグジュアリーを体現したインテリアを装備する「V60 B4 Ultimate」をベースとしています。

 この特別仕様車では、スポーツサスペンションが装備されているほか、外装も専用のものとなっています。

 フロントグリルやサイドウインドウトリム、ドアミラーカバー、フロントとリアバンパー、ルーフレールが、ダイナミックなグロッシーブラックを基調としたエクステリアデザインとなっており、アルミホイールも専用18インチのものが装備されています。

 価格(消費税込)は、V60 Recharge Polestar Engineeredが969万円、V60 B4 Ultimate Dark Editionが639万円です。