コレクティングカーズは、イギリスやドイツ、スウェーデンなど世界中のクルマを競売にかけるオークショニア。2022年8月に戦車が出品され3万5000ポンド(日本円換算で約566万円)で落札されました。

イギリスでは戦車が買える!? オークションに出品された個人所有の戦車とは

 コレクティングカーズは自社が運営するイギリスのオークションサイトで、国内のみならずドイツ、スウェーデンなど世界中のクルマをオークションにかけています。

 2022年8月には、「戦車」が出品され3万5000ポンド(日本円換算で約566万円)で落札されましたが、どのような車両なのでしょうか。

 今回オークションにかけられた戦車は、改造された1972年製のアルヴィス「セイバー軽戦車(以下セイバー)」です。

 アルヴィスは、過去にイギリスにあった一般向けのクルマや軍用車両を生産していたメーカー。

 セイバーは、最高速度51mph(約82km/h)という戦車最速のギネス世界記録を誇るスコーピオンCVR(T)をベースに作られた戦車です。

 パワートレインにはジャガー製4.2リッター直列6気筒エンジンJ60を搭載、これに前進7速、後進7速のデビッドブラウン製TN15Dトランスミッションが組み合わされます。

 30mm L21A1 RARDEN砲(非稼働)を搭載し、エンジンは前部に配置されています。

 総重量は約8000kgで、20フィート(約6m)のコンテナに収まります。

 ボディに大きなダメージはありません。外装はNATOグリーンに再塗装されています。

 インテリアは年代相応の経年劣化が確認され、室内装飾品の表面には小さな裂け目があります。

 現在目立った機械的・電気的な故障はないようで、砲塔も動かすことが可能です。

 販売主はこの車両について、サイト内で「買い手が費用を負担すれば国際配送を支援できる」と記載しています。

 出品地域はイギリス・ノーサンプトンシャー州ダヴェントリーです。

 オークションサイトでは105枚の高画質画像と動画ともに本車両は掲載されており、車両を詳細に確認することが可能です。また動画では公道を走行する様子も映し出されています。

 このセイバーは2022年8月22日に56回の入札の末、3万5000ポンド(約566万円)で落札されました。

 566万円というと、先日2022年9月1日に発売されたトヨタ新型「クラウン クロスオーバー」の「G“Advanced・Leather Package”」(570万円)と同じくらいの価格です。