マツダは2022年9月15日に新型「CX-60」のe-SKYACTIV D搭載仕様を発売します。4つのパワーユニットが搭載される新型CX-60ですが、e-SKYACTIV D搭載車はどのような仕様なのでしょうか。

「ディーゼルHV」搭載車から登場

 マツダは、2022年9月15日に新型「CX-60」のe-SKYACTIV D搭載車を発売します。新型CX-60には全部で4つのパワーユニットが設定されており、残りの3つは2022年12月に販売開始の予定です。

 e-SKYACTIV D搭載車は、どのような仕様で登場するのでしょうか。

 新型CX-60は、縦置きプラットフォームを採用したマツダの新世代ラージ商品群の第一弾に位置づけられるモデルです。

 ボディサイズは全長4685mm×全幅1890mm×全高1740mm、ホイールベースは2870mm。全車2列シート・5人乗りとなっています。

 そしてパワーユニットのひとつとなるe-SKYACTIV Dは、最高出力254馬力・最大トルク550Nmを発揮する3.3リッター直列6気筒ディーゼルターボエンジンに、48Vマイルドハイブリッド「M Hybrid Boost」を組み合わせて登載。

 トランスミッションは8速ATが組み合わされます。

 e-SKYACTIV D搭載車は全4グレードが設定され、価格(消費税込)は505万4500円から547万2500円です。

 ちなみに新型CX-60にはパワーユニットとして2.5リッター直列4気筒ガソリンのSKYACTIV-G 2.5、3.3リッター直列6気筒ディーゼルターボのSKYACTIV-D 3.3、さらにマツダ初のプラグインハイブリッドシステムとしてe-SKYACTIV PHEVも設定されます。

 それではここでクイズです。

 新型CX-60で選択できる駆動方式は、次のうちどれでしょうか。

【1】FFのみ

【2】FRのみ

【3】FFもしくは4WD

【4】FRもしくは4WD

※ ※ ※

 正解は「FRもしくは4WD」です。

 SKYACTIV-G 2.5およびSKYACTIV-D 3.3ではFRと4WDから選択でき、e-SKYACTIV Dとe-SKYACTIV PHEVでは4WDのみが設定されています。

※クイズの出典元:カーデイズ