スバルは「SUBARU BRZ」をベースにしたる61号車「Team SDA Engineering BRZ CNF Concept」でのスーパー耐久2022に参戦しています。第5戦もてぎでは、車両開発という名のもとに航空機のカーボン端材を再利用したことや、スーパー耐久でアイサイトを鍛えることが明らかにされました。

航空機のカーボン端材を再利用&S耐でアイサイトを鍛える? スバルの凄さとは

 2022年シーズンのスーパー耐久(S耐)にスバルは「SUBARU BRZ」をベースにした61号車「Team SDA Engineering BRZ CNF Concept」(以下61号車)にカーボンニュートラル燃料を用いて参戦しています。
 
 9月3日4日に開催された第5戦もてぎでは、車両開発という名のもとに航空機のカーボン端材を再利用したことや、スーパー耐久でアイサイトを鍛えることが明らかにされました。

 スーパー耐久に参戦している61号車のボンネットはカーボン製を使用していますが、このボンネットの誕生には、意外なことから始まったそうです。

 新型コロナウイルスの蔓延からはや2年を経過しました。

 初期の蔓延時期にワクチン接種が大変な時期があったのはもはや遠い記憶かもしれません。

 そんなワクチン接種は大企業では職域接種というのがおこなわれ、事業所ごとに接種などをおこなっていました。

 スバルも当然ながら多くの従業員をかかえている大企業のため職域接種をおこなっていました。

 しかしこの61号車Team SDA Engineering BRZ CNF Conceptを製作しているのは、群馬の工場や実験施設ではなく、栃木県佐野市にあるスバル研究実験センターで開発や試験などがおこなわれています。

 それほど多くの従業員がいる訳ではなく職域接種に困っているときに、同じ栃木県にある宇都宮製作所と一緒にワクチン接種を実施することになったそうです。

 この宇都宮製作所というのは、スバルの起源ともいえる飛行機のパーツやヘリコプターを製作している事業所で、航空宇宙カンパニーと呼ばれる事業所です。

 この航空宇宙カンパニーで製作している航空機のパーツには高精度で高品質のカーボン素材が多用されています。

 そういった背景もあり、S耐車両にカーボン製品が欲しいことを伝えると作製は可能だということがわかりましたが、航空機に使われるパーツは高精度・高品質になることもあり非常に高価になり、それではとても費用を賄えないと、一度は断念したといいます。

 その一方で、航空機のパーツを製作するのに、廃棄処分となるいわゆる端材が多くでることも判明。そこに手を差し伸べたのが、スバルの外装や内装などのサプライヤーをしている株式会社千代田製作所です。

 その端材となったカーボン素材をリサイクルして新たなカーボンパーツを作れるということになったのです。

 千代田製作所では廃棄されるプリプレグと呼ばれる炭素繊維(カーボン繊維)に樹脂を染み込ませたシートから、熱処理で樹脂を取り除いた再生炭素繊維(再生カーボン)を作り上げる製造プロセスを確立させました。

 新たなカーボン繊維を作り上げるには大きなエネルギー消費になっていまいますが、プリプレグから樹脂と繊維を分解するには約1/10のエネルギーで済むことも判明。そのことがSDG’sにも繋がることから、SDG’sステッカーを61号車に貼られています。

 カーボンはオートクレーブ成形法というのが多く聞かれる製造方法です。これは大きな釜にカットされたカーボン素材をいれて加熱と加圧をしています。専用の大きな釜や多くのエネルギーを消費します。

しかし今回はVaRTM成形法という真空補助樹脂注入方式で製作しています。加圧ではなく、大気圧と真空にしたところに樹脂を流し込む製造する方法です。このことにより製造時のCO2削減にも繋がっているといいます。

 そんな再生カーボンを使用した61号車のボンネットは、第1戦鈴鹿時点がオリジナルのアルミのままでした、

 その後、第2戦富士24時間ではアルミボンネットに樹脂ダクトを装着し、オリジナル比+0.5kg。第3戦SUGOからオールカーボン製になり第2戦より−2.0kgとなりました。

 ボンネットは再生カーボンと新品のカーボンを表面に使用し強度を補強しながら、滑らかな表面にしてているのもポイントです。

 しかし大量生産するには現在は向いておらず、レーシングカーのようなワンオフ品だから作製が可能となっているといい、今後も量産化に向けて検討していくことを引き続きおこなっていくとしています。

スバルが目指す「2030年までに死亡交通事故ゼロ」はS耐の技術で近道なるか?

 今回の61号車にはもうひとつ大きなトピックがありました。

 それはスバルの運転支援システム「アイサイト」が装着されたことです。

 量産車のアイサイトをそのまま装着し、画像処理も量産車の技術をほぼそのまま使用しているといいます。

 今回はひとまず装着し、一般車よりも高速かつ車両が入り乱れる状況でも「確実に前方の車両をキャッチしている」ということが証明されたそうです。

 コーナリングでは前方車両をロストすることもありますが、それは一般道でも交差点や急カーブでロストすることと同じ現象だといいます。

 しかし一般道ではあり得ないような車両が入り乱れた状況や、速度差が大きい車両に追い抜かれるような状態でも的確にアイサイトがキャッチし、画像処理していることが実証されたことで、今後はこのデータをどのように活用していくのかを検証していくといいます。

 そのなかで、雨などの視界が悪い状況や車両混雑によるコースサイドで振られるイエローやブルーのフラッグを確実にキャッチできるようになれば、フラッグの見落としによるペナルティを阻止することも可能になります。

 ドライバーがフラッグを確認することは義務ですが、万が一の見落としを防ぐことも可能になりますし、S耐では「フルコースイエロー(FCY)」の際に50km/h制限となりますが、アイサイトのACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)によるその速度対応やピットレーン通過時の自動運転も可能になるかもしれません。

 そのような、ドライバーの負担を軽減する部分で自動化出来るようになれば、ドライバーの心理的負担が減ることに繋がり、よりレースに集中することも可能です。

 なお、今回のもてぎでの活用状況についてTeam SDA Engineeringの監督である本井氏は次のように語っています。

「もともとロールバーを装着する時点からアイサイトが付けられるようにスペースを設けていました。今回やっと装着出来ましたが、まずはレースの場面でアイサイトがどこまで認識・検知出来るかを知ることが出来ました。

 レースにおけるクルマの動きは、事故に繋がる動きと似ている部分もあり、そのような状況を素早く検知することでアイサイトの検知能力などが進化すると思います。

 今回の結果を元に今後どのような活用が出来るかを考えていきたいですが、ドライバーからは『ピット通過時をアイサイトで走ってほしい』といった声も出ており、上手く活かせていければと思います」

 今回のスーパー耐久でアイサイトを鍛えるという取り組みは、スバルと共にカーボンニュートラル燃料を用いてスーパー耐久に参戦するGR86を開発したトヨタが掲げる「ドライバーファースト」にも繋がります。

 スーパー耐久でのアイサイト活用に関してTOYOTA GAZOO Racingの佐藤プレジデントは次のように語っていました。

「トヨタでは想像がつかないやり方を思いつくスバルに脱帽ですよ。

 モータスポーツでアイサイトを鍛えることでそれが今後の予防安全技術に繋がるという、まさにGRが掲げる『モータースポーツを起点としたもっといいクルマづくり』、さらに両社で掲げる『いっしょにいいクルマつくろう!』という部分に繋がってくると思います」

※ ※ ※

 量産車で培った技術をレースに持ち込み進化させ、それを量産車にフィードバックができれば、よりアイサイトを含む予防安全技術による「死亡事故ゼロ」への近道になるかもしれません。