最近では、アウトドアブームによってキャンピングカーの需要が高くなっています。なかでもダイハツ「アトレー」をベースにしたキャンピングカー「リゾートデュオ バス キング アトレー」 が話題となっています。いったいどのようなキャンピングカーなのでしょうか。

「アトレー」のキャンピングカーは広々した居住空間とハイテク装備が満載

 近年、キャンピングカー市場は盛り上がりを見せており、なかでも軽自動車をベースとした「軽キャンパー」への関心が高まっています。
 
 そうしたなかで、ダイハツ「アトレー」をベースとした軽キャンパー「リゾートデュオ バス・キング アトレー」(以下キングアトレー)というモデルが存在します。

 2021年12月にフルモデルチェンジをしたアトレーは、積載量と積載スペースを最大限活用することを目的に、4ナンバーの軽商用バンに変更となりました。

 スクエアボディを活かした広い荷室が最大の特徴で、後席をたたむとフラットな荷室が誕生するほか、高まる車中泊需要に対応した工夫が満載の1台です。

 そんなアトレーをベースにしたキングアトレーとは、どのようなモデルなのでしょうか。製作したStage21の担当者は次のように話しています。

「元々バンを車中泊仕様にカスタムしており、新型アトレーが登場したことにより、この機会に新型アトレーをベースにキャンピングカーを制作してみようと思い、リゾートデュオが誕生しました」

 Stage21の製作するキャンピングカーは、外装こそ変更点が目立たないものの、中身は大幅に手が加えられています。

 また、前出の担当者は製作に関してのこだわりや特徴などについて、以下のように話します。

「こだわりポイントはやはり、軽でありながら広くベッドサイズをとっているという点です。

 横約1200mm×縦約1800mmと、軽キャンパーのなかでは最大の広さとなります。

 寝心地も非常に良い作りになっており、大人2人が余裕を持って寝れるサイズ感です」

 Stage21では、キャンピングカーの製作段階で水回りに関する設備の必要性をリサーチしており、大半のユーザーが水回りの設備は不要の声が多いという結果に基づき、居住スペースの拡大に注力しているようです。

 ベッドスペースは厚さ6mmの硬質ウレタンを使用し、レイアウトも変更できるため、ラゲッジスペースにまとめれば4名乗車も可能です。

 また最大の特徴は電装系周りの充実です。ソーラーパネルや走行時の動力も電力に変換できるインバーターを搭載し、ベッドスペース下のバッテリーに蓄電できる性能をもっており、就寝時にもクーラーを使用できるため、快適な車中泊が可能となっています。

 クーラーは標準装備となっているクーリングシステム「冷え蔵X」となっており、消費電力は2Aほどでありながら、軽サイズの車内を3度から5度、約2時間冷やし続けてくれます。

 ほかにも、15インチのフリップダウンモニターや100Vコンセントなど、便利な装備が標準で搭載されています。

 くわえて、シートの色や素材をビニールレザーやポリエステル生地など豊富な種類の中から選ぶことができるのも、魅力のひとつといえるでしょう。

 さらに、前出の担当者はキングアトレーの反響について、以下のように話します。

「反響は非常に大きいです。とくに中高年や、ご夫婦で購入される人が多い印象ですが、最近では若い人も急増しています。

 やはり、新型コロナウイルスの影響での密を避ける空間や、アウトドアブームが、若い人のキャンピングカー人気につながり、リゾートデュオ バス キング アトレーを購入される方が急増しているのかもしれません。

 また、最近の軽自動車は価格が200万円以上するものも多いため、”だったら軽自動車よりも、気軽に車中泊ができて気が向いたら遊びに行くことのできるキャンピングカーの方が良いのではないか”ということで、購入される人も多いです」

 とくに最近では、ペット同伴で旅行をしたい夫婦も多いようで、車中泊なら気兼ねなくペットを連れていくことができるため、需要が高まっているそうです。