2022年8月23日にフルモデルチェンジが発表され3代目となったトヨタ「シエンタ」。コンパクトなボディサイズのミニバンですが、SNSなどでは、シトロエン「ベルランゴ」やルノー「カングー」、フィアット「パンダ」などさまざまなクルマに似ていると話題になっています。新型シエンタのどんな要素が似ていると感じさせるのでしょうか。

いろいろなクルマに似てると言われる新型「シエンタ」

 2022年8月23日に、トヨタは3代目となる新型「シエンタ」を発表。

 約7年ぶりのフルモデルチェンジとなった新型シエンタは、SNSなどで、シトロエン「ベルランゴ」やルノー「カングー」、トヨタ「ファンカーゴ」、トヨタ「ポルテ」、日産「キューブ」、フィアット「パンダ」などさまざまなクルマに似ていると話題になっています。

 シエンタは、2003年に初代モデルが登場した家族向けのコンパクトミニバン。2022年8月に発表された3代目となる新型シエンタは、「扱いやすい5ナンバーサイズ」「最新の安全・安心装備」「低燃費」「お求めやすい価格」という特徴はそのままに、初代からの「使い勝手の良い室内空間」が一層磨き上げられました。

 エクステリアはコーナー部を丸くしてコンパクトに見せ、取り回しの良さにもつながるシカクマルシルエットになっており、大きなサイドプロテクションモールが取り付けられるなど、さまざまなシーンで気兼ねなく使えるツール感の高いデザインになっています。

 そんな新型シエンタですが、前述のように国産車のみならず、さまざまな輸入車に「似ている」と話題になっています。

 どのような部分がそう感じさせるのでしょうか。SNSで話題となっている主な車種と比較してみましょう。

 SNSでは、シトロエン「ベルランゴ」やルノー「カングー」、トヨタ「ファンカーゴ」、フィアット「パンダ」の各モデルの外観に類似点が見らると指摘されています。特にベルランゴやカングーはシエンタと同じ後席スライドドアを採用していて、余計にそう思わせる面があります。

 フロント部から見ていきましょう。角が丸いグリルやヘッドライトの形状をもつカングーやパンダと、新型シエンタの類似性を指摘する声は多くみられます。

 またベルランゴのヘッドライトからつながる横一文字の開口部が、シエンタの同位置にあるトリムと似ているとの声もありました。

 ボディサイドでも、ベルランゴのエアバンプや、パンダのサイドプロテクションモールが、新型シエンタの大きなサイドプロテクションモールと配置が同じように見えるとの指摘もみられます。

 さらに細かくみれば、新型シエンタのボディサイド最後尾のウインドウが2列目のウインドウより小さく下端が上がっているデザインに、パンダのデザインと同じエッセンスを感じさせなくもありません。

 後方にまわってみると、パンダとファンカーゴに採用されていた縦型のテールライトもて、新型シエンタに近い印象となって映ります。

 色の指摘もみられました。カタログ掲載カラーでもある新型シエンタのアーバンカーキやベージュが、ベルランゴのアクアグリーンやサーブルと近い印象のアースカラー系な点も、より類似イメージを強調しているのかもしれません。

 SNSでは、少し前のキューブ(3代目)との関連性についての指摘もありました。

 その内容は「キューブからシエンタに乗り換える人が多そう」というもので、デザイン自体が似ているというよりは、シエンタのシカクマルシルエットのコンセプトがキューブのフォルムを想起させ「似たようなセグメントのクルマだから乗り換えが起こりそう」という印象を持っているようです。

 自動車のデザインは、各モデルそれぞれの独自性を表現するため、数多くの要素から成り立っています。偶然か意図的かはともかく、確かにどこかが似ているようなデザイン箇所はあったとしても、完全な「模倣」はモデルの独自性を主張することと反しています。

 新型シエンタほどさまざまなクルマに「似ている」と指摘されるクルマも、近年の国産車では珍しい事例といえます。それだけ新型シエンタが、多くの人から高い注目を集めている証拠といえるかもしれません。

※ ※ ※

 新型シエンタは、TVCMなどにタレント犬の「ちょうじゅうろうくん」を出演させるなど、ペットとして広く親しまれる「犬」との親和性を強調する新型シエンタですが、発表と同日に発売されており、価格はガソリン車(Xグレード/2WD/5人乗り)の195万円からハイブリッド車(Zグレード/E-Four/7人乗り)の310万8000円となっています。