2022年7月にフルモデルチェンジした日産の新型SUV「エクストレイル」が好調な売れ行きです。タフギアのイメージを強めたスタイリングは、初代や2代目のイメージに重なります。そんなキャラをさらに先鋭化させたカスタムモデル「エクストリーマーX」に注目します。

「タフギア」キャラに「上質さ」をプラスした新型「エクストレイル」

 2000年に誕生し、当時としても珍しかった「四角い」スタイリングとタフな造りで人気を集めた日産のSUV「エクストレイル」。

 2007年登場の2代目もキープコンセプトで継承され好評を博し、いまなおファンの間では「エクストレイルといえば“四角”で“タフギア”」のイメージを強く残しています。
 
 そんななか、2022年7月にフルモデルチェンジを果たした4代目は、原点に立ち返った直線基調のデザインでファンの間で話題を呼んでいます。
 
 なかでも、歴代タフギアの極みともいえる仕上がりのカスタムモデル「エクストリーマーX」は、初代・2代目派にもグッとくる仕上がりとなっていました。

 4代目の新型エクストレイルは、初代から脈々と受け継がれてきたタフギアのキャラを継承しつつ、上質さをプラスしているのが特徴です。

 全車が日産独自のハイブリッドである「e-POWER」化。発電用エンジンも高効率な可変圧縮比エンジンのVCターボを国内初搭載しています。

 また先代では8割のユーザーが選択したという4WDモデルは、電動駆動4輪制御技術「e-4ORCE」を新採用しました。

 前後2基の高出力モーターと左右のブレーキを統合制御することで、あらゆる路面での走破性や操縦安定性、快適な走りを実現させています。

 タフさと上質さは、内外装デザインにも具現化されています。

 外観はシャープなラインを基調に、初代や2代目を思わせるスクエアスタイルとしながら、2段レイアウトのヘッドライトやグリルまわり、フェンダーまわりの面質といった各部の凝ったディテール表現で上質さも表しています。

 全12色のボディカラーも上質なテイストが揃います。

 内装も同様に、浮いたように見えるブリッド構造のセンターコンソールや、素材にこだわったシートやトリムなどで上質な仕立てとし、12.3インチの全面カラー液晶メーター、12.3インチのセンターディスプレイなどで先進性も兼ね備えています。

 グレード設定は、2WDの「S」「X」「G」と、4WDの「S e-4ORCE」「X e-4ORCE」「G e-4ORCE」。2列・5人乗りに加え、X e-4ORCEのみ3列・7人乗り仕様も用意されます。

 価格は消費税込みで319万8800円から449万9000円までです。

 さらに新型エクストレイルをベースにしたカスタム仕様車も、早くも2モデルラインナップされています。

 タフギアイメージをさらに高めた「エクストリーマーX」と、プレミアムスポーティをコンセプトとする「AUTECH(オーテック)」です。

奇しくも新型のキャラクターをより先鋭化させた格好となったカスタムモデル「エクストリーマーX」

 エクストリーマーXとAUTECHはともに、先代エクストレイルにも用意されていたおなじみのカスタムモデルです。

 しかし新型エクストレイルが力を入れたというタフギアと上質さという特徴を、2モデルそれぞれがさらに先鋭化させたような格好となっているのが興味深いところです。

 つまり、タフギアのキャラクターを強調したエクストリーマーXと、上質さを高めたAUTECHという位置づけです。

 ここで注目したいのは、初代以来続くイメージをさらに強めた内外装の仕立てにより、よりアクティブな印象となったエクストリーマーXでしょう。

 新型エクストレイル X e-4ORCE(4WD)をベースに、数々の専用外装仕上げや防水内装などで細部までカスタマイズされています。

 外装では、フロントとリアの専用アンダープロテクター、グロスブラックアウトサイドドアハンドル、ブラックルーフレール、グロスブラックのドアロック連動格納機能付サイドターンランプ付電動格納式リモコンドアミラーなどの専用仕上げに加え、前後LEDフォグランプや、専用デザインの18インチアルミホイールが備わります。

 ダークカラーのディテール仕上げにより凄味が増し、新型エクストレイルのタフさをさらに際立てています。

 内装では、透湿性と防水性を兼ね備えた合成皮革「セルクロス」を使用した専用デザイン防水シートを採用。

 X e-4ORCEでオプションの運転席・助手席パワーシートやリモコンオートバックドアなども標準装備化されています。

 エクストリーマーXの価格は、412万9400円(2列・5人乗り)から426万300円(3列・7人乗り)まで。ベース車に対し、33万円高の設定です。

 日産の関連会社である日産モータースポーツ&カスタマイズ(旧・オーテックジャパン)の手により製造され、日産の各販売店で通常モデル同様に販売されます。

※ ※ ※

 こうした数々のこだわりが込められた新型エクストレイルの仕上がりぶりに対し、ユーザーも敏感に反応しました。

 発売開始から約2週間後の8月7日現在、はやくも1万2000台を超える受注を集め、好評な立ち上がりを示しています。更なる販売の推移にも注目が集まるところです。