オーストラリア向けのスバル「アウトバック」2023年モデルが発表されました。2022年のクリスマスより早く納車が開始される予定です。

「スポーツXT」「ツーリングXT」2グレードを設定

 2022年9月1日、スバルのオーストラリア法人は2023年モデルの「アウトバック」を発表しました。オーストラリア向けの新たなパワーユニットとして2.4リッター水平対向直噴ターボエンジンが設定されます。

 従来、2.5リッター水平対向自然吸気エンジンが搭載されていたオーストラリア向けのアウトバックですが、そこに追加されるかたちで最高出力249馬力・最大トルク350Nmの2.4リッター水平対向直噴ターボエンジンを設定。

 2.5リッター自然吸気仕様よりもけん引能力が高く、最大2400kgを確保しているといいます。

 2.4リッターターボ仕様は「スポーツXT」(5万7561豪ドル、約562万円)と「ツーリングXT」(6万1551豪ドル、約601万円)の2グレード展開です。

 スバルオーストラリアでマネージングディレクターを務めるブレア・リード氏は、「このたび、アウトバックのラインアップにターボエンジンを搭載した2グレードを追加することができ、大変うれしく思います。

 よりパワフルなターボエンジンと、最新の直感的なテクノロジー、印象的なインテリア、そしてもちろんスバルのシンメトリカルAWDの全地形対応力によって、オーストラリアのドライブ旅行に最適なクルマとなりました」とコメントしています。

 なお、2023年モデルのオーストラリア向けアウトバックでは、改良としてApple CarPlayとAndroid Autoのワイヤレス接続機能が追加されました。これはオーストラリア仕様のスバル車として初めてとなります。

 2023年モデルのオーストラリア向けアウトバックは、2022年のクリスマス(12月25日)までに納車が開始される予定です。