三菱自動車は2022年9月8日、軽乗用車「eKシリーズ」の改良をおこない、「eKクロス」「eKクロス スペース」に先進安全・快適装備を充実させた「T Premium」「G Premium」を新たに設定して発売開始しました。

「フル装備」となった上級グレードを設定 従来グレードも装備が向上

 三菱自動車は2022年9月8日、軽乗用車「eKシリーズ」の一部改良をおこない、ボディカラーや装備を見直したほか、「eKクロス」「eKクロス スペース」に先進安全・快適装備を充実させた「T Premium」「G Premium」を新たに設定し発売開始しました。

 今回、eKクロスとeKクロス スペースに新しく設定された「T Premium」「G Premium」は、それぞれガソリンターボモデル「T」とガソリンモデル「G」をベースにしたグレードです。

 T Premium/G Premiumはこれまでメーカーオプションであった、高速道路同一車線運転支援機能「マイパイロット」や、デジタルルームミラー(移動物を検知するマルチアラウンドモニター付き)などの安全・快適装備が標準装備となったグレードです。

 さらにeKクロス スペースのT Premium/G Premiumでは上記に加え、運転席側電動スライドドアや助手席シートバックテーブル、リアサーキュレーターなどのセットオプションである、「後席パッケージ」が標準装備となりました。

 同時に、従来設定のTグレードにも後席パッケージが標準装備へと変更されました。

 ボディカラーは、eKクロスが「ホワイトパール/ブラックマイカ」を設定、eKクロススペースが「チタニウムグレーメタリック/ブラックマイカ」を新たに設定しました。
 
 また、今回の一部改良は「eKワゴン」「eKスペース」も対象となり、eKスペースの「T」グレードで運転席側電動スライドドアが標準装備となったほか、ボディカラーの追加も行われました。

 ボディカラーはeKワゴンが「ナチュラルアイボリーメタリック」が追加に、eKスペースでは、「ミントブルーメタリック」が追加となっています。

 eKスペース/eKクロス スペースをベースに助手席シートが電動で回転する福祉車である、「助手席ムービングシート仕様車」は引き続き設定されています。

 価格(消費税込)は、eKクロス/eKワゴンが132万5500円から、eKスペース/eKクロス スペースが139万9200円からとなっています。