日産の英国法人が、新型「エクストレイル」の予約受付を現地で開始しました。12Vマイルドハイブリッド仕様も設定されるということです。

12Vマイルドハイブリッド仕様は2WDのみ

 日産の英国法人は、2022年9月6日(現地時間)に新型「エクストレイル」の現地仕様を発表、あわせて英国市場での価格も3万2030ポンドから(邦貨換算:約530万円から)とアナウンスしました。同日より現地で予約が受け付けられています。

 エクストレイルは、今回発表された新型で4代目となるファミリー向けSUVです。20年以上の歴史を持ち、全世界で約700万台が販売されてきたといいます。

 日本では、新型(4代目)エクストレイルは2022年7月25日に発売されました。

 英国向けも含め、欧州市場における新型エクストレイルは、シリーズ式ハイブリッド「e-POWER」を搭載した仕様と、12Vマイルドハイブリッドを搭載した仕様のふたつを設定。

 e-POWER専用車の日本仕様とは異なるパワーユニットのラインナップとなっています。

 e-POWER仕様では1.5リッター可変圧縮比ターボガソリンエンジンを発電専用に搭載し、パワフルな駆動用モーターで走行。2WD車では最高出力204馬力、e-4ORCE車(4WD車)では213馬力を発揮します。

 またアクセルペダルの操作のみで強い減速力を得られる「e-Pedal Step」も採用されました。

 2WD仕様のみとなる12Vマイルドハイブリッド仕様では最高出力163馬力を発揮し、組み合わされるトランスミッションはエクストロニックCVTです。

 先進装備として、Android AutoやApple CarPlayによるスマホ連携に対応した12.3インチNissanConnectディスプレイスクリーンや、次世代型プロパイロット・アシストなどを装備。

 また、パッシブセーフティとしてフロントシートの間から展開されるセンターエアバッグも新たにされました。

 欧州仕様の新型エクストレイルは、12Vマイルドハイブリッド仕様が3万2030ポンドから4万2520ポンド(約530万円から約710万円)に設定されます。

 e-POWER(2WD)仕様にアップグレードするには2435ポンド(約40万円)が追加でかかり、そこからe-4ORCE(e-POWERの4WD車)にアップグレードするにはさらに2200ポンド(約35万円)がかかります。

 また2列シート5人乗り仕様のほかにオプションで3列シート7人乗り仕様の設定もあります。

 英国市場で日産 新型エクストレイルの納車は10月より開始される予定です。