2018年6月、21年ぶりのフルモデルチェンジを果たしたトヨタ「センチュリー」。Dorifuto Visualsはそんなセンチュリーの車高を下げ、ブラウンに塗ったカスタム仕様のレンダリングを作成、公開しました。

トヨタ最上級セダン「センチュリー」のローダウン仕様

 日本を代表するトヨタのショーファードリブンカー「センチュリー」。

 トヨタ最上級のセダンとなるセンチュリーですが、3D アーティストのDorifuto Visualsはそんなセンチュリーの車高を下げ、外装色をブラウンに変えるなどカスタムをおこなったレンダリングを作成・投稿し、話題を呼んでいます。

 Dorifuto Visualsは、バングラデシュの3Dアーティスト。レクサス「LC」や日産新型「フェアレディZ」などスポーツカーを独自にカスタマイズしたレンダリングを作成し自身のSNSに投稿しています。

 センチュリーは初代モデルが1967年に登場して以来「日本を代表するショーファーカー」として、各界のエグゼクティブが愛用してきた超高級セダン。現行モデルとなる3代目は2018年6月に、21年ぶりのモデルチェンジをおこない登場したモデルです。

 Dorifuto Visualsはそんな3代目センチュリーの車高を下げたカスタム仕様のレンダリングを作成・公開しています。

 外装色はブラウン。極端に車高が下げられ、タイヤはキャンバー角をつけてフェンダーの中に収められています。

 ホイールには、ワーク製の「EMITZ」が装備されています。

 このクルマについてSNSでは「とてもクールだ!」「いい仕事!」など称賛のコメントが集まっています。

 Dorifuto Visualsの製作したデザインは、非現実のレンダリング画像ですが、センチュリーのローダウンカスタムは現実に存在する定番カスタムの一つです。いつの日か今回作成されたレンダリングのようなクルマが出てきてもおかしくはありません。